ラックがネットワーク経由のウイルス侵入余地の自己診断無料サービス「自診くん」開始

ウイルスの感染活動を検知した際に遮断するなどの対策が施されているかの判定が可能
よろしければこちらもご覧ください

システム開発のラックは、ネットワークを経由したウイルスの侵入余地が自己診断できる無料サービス「自診(じしん)くん」を始めた、と6月14日発表した。企業は、自社で利用しているネットワークがウイルスの感染活動を検知した際、遮断するなどの対策が施されているかが判定できる。ネットワークを介して自ら感染を広げるウイルス被害が国内で増えていることを受けた。

自診くんは、特定のサイバー攻撃の通信がインターネットからコンピュータに到達する可能性があるか、自ら確認が可能。パソコンを使用不能にして元に戻す代金を要求するランサムウェア「WannaCry」が攻撃に使用する通信の接続や、接続を許可してはいけない機能への接続が分かる。自己診断でそのコンピュータに通信がつながった場合、対策が施されていないことになる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]