アイレットが「AWS」の構築・運用・保守サービス「cloudpack」のセキュリティ対策強化

サイバーセキュリティクラウドと代理店契約、AI活用の自動運用「WafCharm」が利用可能
よろしければこちらもご覧ください

システム開発・運用のアイレットは、アマゾンのクラウド「アマゾンウェブサービス(AWS)」の導入設計、構築、運用・保守、代行サービス「cloudpack(クラウドパック)」で、ウェブセキュリティサービスのサイバーセキュリティクラウドと販売代理店契約を結んだ、と9月12日発表した。セキュリティ対策強化を目的にする。

セキュリティ対策にAWSの「AWS WAF(ウェブアプリケーションファイアウオール)」を利用する際、サイバーセキュリティクラウドの人工知能(AI)活用の自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」が利用できるようになる。AWS WAFの導入ではさまざまなサイバー攻撃を防ぐルールを運用する必要があり、負担が大きかった。

WafCharmは、サイバーセキュリティクラウドのクラウド型ウェブセキュリティサービス「攻撃遮断くん」で蓄積した数千億の攻撃検知・遮断に関するビックデータとAIを生かし、顧客のウェブサイトごとに最適なルールを自動で適用する。WafCharmの利用によってAWS WAFが安定して運用でき、人的コストの最適化も可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]