企業が位置情報ビッグデータをマーケティングに利用できる「Location AI Platform」提供

クロスロケーションズがクラウド形式で、プラットフォームが分析してAIが施策立案を支援

位置情報データ活用プラットフォーム開発のクロスロケーションズは、企業が位置情報ビッグデータをマーケティングや事業展開に利用きるプラットフォーム「Location AI Platform(ロケーションエーアイプラットフォーム)」の提供を9月12日に始めた、と同日発表した。容易に位置情報データが生かせるという。

専門知識がないと解析が困難な位置情報ビッグデータを実際のビジネスに利用するためのプラットフォームで、クラウド形式で展開する。プラットフォームが位置情報ビッグデータを分析し、人工知能(AI)が施策立案を支援。傾向値としてデータを使うことでプライバシーに配慮した安全な位置情報の活用を促進する。

最適なロケーションベース広告(許諾済みスマートフォーンの位置情報を使う広告)が配信できる「XL Advertising」、戦略立案のための分析レポートを提供する「XL Insight」、企業の位置情報データを取り込んでプラットフォームのデータと複合分析する「XL Analyzer」の3つの機能を持つ。月額10万円(税別)から。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]