キヤノンITソリューションズが画像AI連携プラットフォーム「Bind Vision」を提供

画像解析AIシステムの開発で大きな割合を占めるウェブシステムをクラウドで展開

キヤノンマーケティングジャパングループでSI(システムインテグレーション)・コンサルティング・ソフト開発のキヤノンITソリューションズは、画像解析を支援する画像AI(人工知能)連携プラットフォーム「Bind Vision」の提供を4月1日に始める、と3月27日発表した。画像解析AIシステムで必要になるウェブシステムをクラウドで展開する。

目視の代わりになるAIでの画像解析市場が成長する中、画像解析AIシステムの開発では認証やセキュリティ機能を備えたユーザーインターフェースを提供するウェブシステムが大きな割合を占めるため支援する。Bind Visionはウェブシステム機能「プラットフォーム」をベースに独自開発の画像解析AI「クラウドAI」と「エッジ AI」で構成する。

プラットフォームには、ウェブAPIによる画像や数値データの登録・配信機能があり、利用者が開発したAI解析結果も受信できる。受信データはデータストアに保存され、ブラウザ上のダッシュボードから閲覧可能。クラウドAIは煙検出AI機能、エッジ AIは水位測定AIを備え、防災用途に使える。プラットフォームの利用料は月額3万円(税別)から。

Bind Vision 概要図
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]