「Experience Cloud」のワークフローとインサイトを「Copilot for Microsoft 365」に提供

アドビ、「Microsoft 365」を使用するマーケターは日常のワークフローを効率的に管理可能

アドビは、米国本社が同社のマーケティングプラットフォーム「Adobe Experience Cloud」のワークフローとインサイトをマイクロソフトの「Microsoft Copilot for Microsoft 365」に提供する計画を3月26日(米国時間)に発表した、と3月27日公表した。「Microsoft 365」を使用するマーケター(マーケティングの専門職)は日常のワークフローを効率的に管理できる。

Microsoft Copilot for Microsoft 365は米国オープンAIの大規模言語モデル「GPT」を使ったMicrosoft 365アプリケーション。新たな統合機能によって、Adobe Experience Cloudのアプリケーションとマイクロソフトのビジネスアプリケーション「Microsoft Dynamics 365」から関連するマーケティングのインサイトやワークフローをMicrosoft Copilotに取り込める。

マーケターに生成AI(人工知能)をベースにした機能が提供されることで、「Outlook」「Microsoft Teams」「Word」などのツールでクリエイティブブリーフ(広告制作資料)の作成、コンテンツの制作・承認管理、エクスペリエンスの提供などを行う業務が合理化できる。日々の業務の多くをアドビとマイクロソフトのアプリケーションで行うマーケターは多いという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]