大規模言語モデル とは 意味/解説/説明

用語「大規模言語モデル」が使われている記事の一覧

全 14 記事中 1 ~ 14 を表示中

Metaが生成AIを活用した「AIスタンプ」や、人と話すように対話する「Meta AI」を提供

Metaのプラットフォームとデバイスで新AI体験、「人格」演じるAIに大坂なおみ氏らも
小島昇(Web担編集部)2023/9/29 7:01150

Metaとマイクロソフトがオープンソースの大規模言語モデル「Llama 2」を提供開始

商用も無償、クラウドのMicrosoft Azureで開発、Windowsのローカル動作に最適化
小島昇(Web担編集部)2023/7/20 7:01263

Googleが新たな会話型AIサービス「Bard」をテスト公開、品質を高めて検索での活用表明

幅広い知識と大規模言語モデルの能力・知性・創造性で複雑な情報を分かりやすく整理
小島昇(Web担編集部)2023/2/8 7:021261

Googleが生成AIの大規模言語モデル「Gemini」を改良した「Gemini1.5」を提供開始

一度に処理できる情報量を大幅に増やすとともに効率を向上、まず「1.5Pro」を公開
山川 健(Web担 編集部)2/19 7:00260

パナソニック コネクトが社内AI「ConnectAI」の機能拡張、自社公式情報の活用可能に

業務での利用に向けて試験運用、10月以降にカスタマーサポートセンター業務で活用へ
山川 健(Web担 編集部)2023/6/29 7:01310

ZHDが米国オープンAIと「GPT-4」をはじめ同社が提供する全APIに関する利用契約を締結

LINE・子会社とヤフーの従業員2万人に対話チャット型独自AIアシスタントサービス提供
山川 健(Web担 編集部)2023/7/28 7:02413

ソニーのAI予測分析ツール「Prediction One」のヒント機能を生成AIを活用して強化

ソニーネットワークコミュニケーションズ、生成AIの支援で課題に沿った改善方法を提示
小島昇(Web担編集部)2023/10/12 7:03110

ブリングアウトがLLMを活用して最大300商談の録音データからテーマ別要点抽出を可能に

商談解析サービス「Bring Out」、商談トピック別解析可能な新機能を追加、精度も向上
小島昇(Web担編集部)2023/12/25 7:01130

Metaが大規模言語モデルで「Llama 2の責任ある使用のためのガイド」日本語版を公開

「責任ある生成AIの構築」の一環、脆弱性の低減や安全性、信頼性向上の取り組み解説
小島昇(Web担編集部)2023/10/11 7:02330

サイバーエージェントが広告運用を大幅短縮する「ChatGPTオペレーション変革室」設立

ChatGPTを適切かつセキュアに活用することでオペレーション総時間の30%削減を目指す
小島昇(Web担編集部)2023/4/5 7:021120

アイレップがLLM活用のマーケプラットフォーム「IREP LLMs PLAYGROUND」の運用を開始

マーケティング分析での「ChatGPT」を含むLLMの利用促進、プランニング分析などに活用
山川 健(Web担 編集部)2023/4/25 7:01120

AWSジャパンが日本の大規模言語モデル開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」

日本国内の企業・団体に技術支援と総額600万ドルのAWSクレジットの開発コストを負担
小島昇(Web担編集部)2023/7/4 7:01130

Snowflakeがより深いインサイト抽出に向けた新たな大規模言語モデル(LLM)を発表

「Snowflake」の機能を強化、さまざまなデータの価値のスムーズな創出が可能に
山川 健(Web担 編集部)2023/6/29 7:001430

Googleの対話型AI「Bard」で大規模言語モデル「Gemini Pro」が日本語で利用可能に

回答を確認するダブルチェック機能も導入、英語版Bardは画像を生成する機能も搭載
山川 健(Web担 編集部)2/5 7:00580
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]