AWSジャパンが日本の大規模言語モデル開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」

日本国内の企業・団体に技術支援と総額600万ドルのAWSクレジットの開発コストを負担

クラウドコンピューティング事業の米国アマゾンウェブサービス(AWS)の日本法人、AWSジャパンは、日本の大規模言語モデル(Large Language Model, LLM)の開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」を始めた、と7月3日に発表した。生成系AI(人工知能)が注目される中で、LLMを開発する国内法人か拠点をもつ企業・団体を支援する。

「AWS LLM 開発支援プログラム」の応募受付開始

LLM開発ための計算機リソース確保に関するガイダンスや、AWS上でのLLM事前学習に関わる技術的なメンタリング、LLM事前学習に活用できるクレジットの提供などを行う。LLM事前学習用クレジットは、支援プログラム全体で600万ドル(8億6800万円)規模で、LLM事前学習にかかるコストの一部を「AWSクレジット」として負担する。

LLMを応用して社会が抱える深刻な課題を解決しようとする日本の開発者を支援していく。7月3日から21日まで応募を受け付け、最大10社程度の企業・団体を採択する。技術的観点、ビジネス的観点、研究開発的観点など総合的に選考して7月中に結果を通知する。プログラムへの応募を希望する企業・団体は特設ページの応募フォームで申し込む。

 
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]