テクロコの運用型広告管理「ATOM」がSupershipの「ScaleOut DSP」とデータ連携

連携でScaleOut DSPの広告実績データを自動的に収集してATOMで一元管理が可能に

中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援を展開するテクロコは、自社の運用型広告統合管理プラットフォーム「ATOM(アトム)」が、広告事業のSupershipが提供するDSP(デマンド サイドプラットフォーム)「ScaleOut DSP」とのデータ連携を始めた、と6月14日発表した。これによってScaleOut DSPの広告実績データを自動的に収集し、ATOMで一元管理可能になる。

ATOMはリスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告、DSPなど運用型広告の運用で必要な各種機能を搭載する。取り込んだデータはATOMのレポート、進ちょく、アラートの各機能で活用できる。今後も運用型広告とのデータ連携を拡大する。「Google AdWords」「Yahoo!プロモーション広告」「Facebook広告」「Twitter広告」「Criteo」などと連携している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]