「Arm Treasure Data eCDP」がセールスフォースの「Heroku」アドオンとして利用可能に

セールスフォース製品との連携で最適なチャネルやタイミングのコミュニケーション実現
よろしければこちらもご覧ください

半導体設計・IoT(モノのインターネット)サービスの英国Armは、同社のカスタマーデータプラットフォーム(CDP)「Arm Treasure Data eCDP」が、CRM(顧客管理)ソリューションの米国セールスフォース・ドットコムが展開するPaaS(Platform as a Service)「Heroku」のアドオン(拡張機能)として利用可能になった、と1月17日発表した。

セールスフォースのユーザーは、Herokuのアドオンを通じてArm Treasure Data eCDPを契約して既存のアプリケーションと同じようにセールスフォースのプラットフォーム上で利用できる。PaaSはアプリケーションを実行するプラットフォームをインターネットを介して提供するサービスを指し、多くの開発者がHerokuを使用している。

Arm Treasure Data eCDPはオンライン広告配信やマーケティング、CRM分野などで顧客それぞれの行動ログデータや属性データを統合し、顧客の愛着・信頼向上につなげる。今回、セールスフォースの各製品との連携が可能になり、1対1のマーケティングで必要になる最適なチャネルやタイミングでのコミュニケーションが実現できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]