トライバルメディアハウスが「Engage Manager」と「Salesforce Service Cloud」連携

「LINEビジネスコネクト」とSalesforce Service Cloudをつなげた顧客サポートが可能に
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のトライバルメディアハウスは、自社のソーシャルメディア統合管理ツール「Engage Manager(エンゲージマネージャー)」と、CRM(顧客関係管理)ソリューションの米国セールスフォース・ドットコムが提供するパブリッククラウド「Salesforce Service Cloud」の連携を始めた、と9月27日発表した。これによって、コミュニケーションツール「LINE」のアカウント機能を企業が活用できるサービス「LINEビジネスコネクト」と、Salesforce Service Cloudをエンゲージマネージャーを介してつなげた顧客サポートが可能になる。

Salesforce Service Cloudを既に利用している企業は、LINEを活用した顧客サポート環境が容易に導入できる。LINEを使用した顧客サポートを新たに始める場合も、Service Cloudでサポート環境が短期間に構築可能になる。さらに、セールスフォースの他の製品と連携することで、コールセンターと営業担当などの連携を一層高められる。エンゲージマネージャーは企業のソーシャルメディアアカウントの運用に特化した統合管理ツール。LINEや「Twitter」「Facebook」「Google+」といったソーシャルメディアへの投稿と効果測定機能などを備える。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]