トライバルメディアハウスがAI「AMY」連携のカスタマーサポートソリューションを提供

ソーシャルメディア管理「Engage Manager」で「LINEビジネスコネクト」などの運用支援
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業のトライバルメディアハウスは、自社のソーシャルメディア統合管理ツール「Engage Manager(エンゲージマネージャー)」とAI(人工知能)を連携させた新たなカスタマーサポートソリューションの提供を始めた、と2月1日発表した。システム開発のAutomagiが提供するAIソリューション「AMY(エイミー)」と連携することで、1対1での柔軟な対話設計に対応する。無料通話・メールアプリ「LINE」の企業向けメッセージングサービス「LINEビジネスコネクト」と米国Facebookのメッセージ機能「Facebookメッセンジャー」の運用を支援する。

カスタマーサポートソリューションは、LINEビジネスコネクトとFacebookメッセンジャーのアカウント立ち上げでの戦略策定、コミュニケーションプランニング、AIに学習させるデータ設計、システム開発、運用支援、AIのチューニングなどを支援する。運用では各「友だち(ユーザー)」に対する問い合わせ対応、友人と雑談する感覚での日常的なコミュニケーション、資料請求や来店予約など最終成果への誘導の個別対応を実現した。初期費用は900万円から、月額105万円からとなる。Engage Managerは各ソーシャルメディアへの投稿や効果測定などの機能を備えている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]