トライバルメディアハウスがAI「AMY」連携のカスタマーサポートソリューションを提供

ソーシャルメディア管理「Engage Manager」で「LINEビジネスコネクト」などの運用支援

デジタルマーケティング事業のトライバルメディアハウスは、自社のソーシャルメディア統合管理ツール「Engage Manager(エンゲージマネージャー)」とAI(人工知能)を連携させた新たなカスタマーサポートソリューションの提供を始めた、と2月1日発表した。システム開発のAutomagiが提供するAIソリューション「AMY(エイミー)」と連携することで、1対1での柔軟な対話設計に対応する。無料通話・メールアプリ「LINE」の企業向けメッセージングサービス「LINEビジネスコネクト」と米国Facebookのメッセージ機能「Facebookメッセンジャー」の運用を支援する。

カスタマーサポートソリューションは、LINEビジネスコネクトとFacebookメッセンジャーのアカウント立ち上げでの戦略策定、コミュニケーションプランニング、AIに学習させるデータ設計、システム開発、運用支援、AIのチューニングなどを支援する。運用では各「友だち(ユーザー)」に対する問い合わせ対応、友人と雑談する感覚での日常的なコミュニケーション、資料請求や来店予約など最終成果への誘導の個別対応を実現した。初期費用は900万円から、月額105万円からとなる。Engage Managerは各ソーシャルメディアへの投稿や効果測定などの機能を備えている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]