セールスフォースがAWSと世界規模の戦略的パートナーシップ拡張、新たな製品連携開始

サービスを横断したデータ共有や同期が容易に、デジタルトランスフォーメーション加速
よろしければこちらもご覧ください

CRM(顧客管理)ソリューションのセールスフォース・ドットコムは、米国本社が米国Amazon.comの関連会社でクラウドサービスを手掛けるAmazon Web Services(AWS)との世界規模の戦略的パートナーシップを広げ、新たな製品連携を始める、と9月28日発表した。双方のサービスを横断したデータ共有や同期が容易になる。

企業のデジタルトランスフォーメーション(業務のIT化)の加速を狙いにする。セールスフォースのプラットフォームが、AWSの新世代VPC(Virtual Private Cloud)エンドポイント「AWS PrivateLink」や、クラウド型コンタクトセンター「Amazon Connect」と連携するため、安全で信頼性があるフレームワークを実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]