at+link、プライベートクラウド環境「at+linkプライベートクラウド」の提供を開始

オープンソースの活用で価格を抑制、自社専用の環境が初期費用無料・月額5万円から
よろしければこちらもご覧ください

広告制作・インターネット関連サービスのリンクとサーバー機器のエーティーワークスが共同運営するホスティングサービス「at+link(エーティー・リンク)」は、オープンソースを活用することで価格を抑えたプライベートクラウド環境「at+linkプライベートクラウド」の提供を3月17日に始めた、と同日発表した。初期費用無料で、「small(スモール)プラン」は物理サーバー5台(計10コア、メモリ16GB、ディスク容量450GB)で月額5万円(税別)、「standard(スタンダード)プラン」は同7台(計28コア、同52GB、同1370GB)で14万円(同)となる。

クラウドの利用が進む中、パブリッククラウドでは、他のユーザーの影響を受けて十分なパフォーマンスが確保できなかったり、セキュリティ面での不安や従量課金で結果的に費用がかかることなどが指摘されていた。しかし自社専用のプライベートクラウド環境の構築は高コストのため、気軽に導入できなかった。今回at+linkは、オープンソースでコストを抑制して低価格で可能にした。専用コントロールパネルからクラウド環境を自由に構築・管理でき、仮想マシンを何台作っても料金は定額。24時間365日の監視・運用・保守サービスも提供する。

リンク
http://www.link.co.jp/

エーティーワークス
http://www.atworks.co.jp/

at+link
http://www.at-link.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]