日立システムズ、投稿されたデータを生かす「ソーシャルデータ活用・分析サービス」開始

実売データ、製品データ、事業パートナーから提供されたデータなどと組み合わせて分析
よろしければこちらもご覧ください

日立グループでシステム構築・運用の日立システムズは、「ツイッター」、ブログなどソーシャルメディアに投稿されたデータを各種のデータと組み合わせて分析する「ソーシャルデータ活用・分析サービス」を始める、と2月14日発表した。実売データ、製品データ、事業パートナーから提供されたデータなどとソーシャルデータを合わせ、地域やカテゴリ別に効率的に傾向が分かる。新商品の企画・開発や販売促進に役立てることができる。

ソーシャルメディア分析技術のホットリンク、クラウド型販売促進情報プラットフォームのインフォライズと協業して実施する。大量のソーシャルデータから必要なデータだけを抜粋。関連データと組み合わせ、例えば、地域別、食に関する情報、施設・場所に関連した情報、感想情報などに絞り込んで分析できる。クラウドサービスとなり、初期費用は1社10万5000円、月額費用は1ユーザーあたり10万5000円。今後、随時、機能を拡張していく。

日立システムズ
http://www.hitachi-systems.com/

ホットリンク
http://www.hottolink.co.jp/

インフォライズ
http://www.inforise.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]