サイバーエージェントなど、実店舗でアプリダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発

スマートフォン向けにNFC技術を活用、東京・高田馬場の複合カフェで1ヵ月間の実証実験開始
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェント、リワード広告のCAリワードと印刷大手の凸版印刷は、近距離無線通信のNFC技術を活用して現実の店舗でスマートフォンのアプリのダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発した、と2月13日発表した。東京・高田馬場の複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間BIGBOX高田馬場店」で3月12日までの1ヵ月間の予定で実証実験を始めた。

リワード広告は、サイトを訪れたユーザーがサイト内で指定の行動をとると特典が付与される成果報酬型の広告を指し、アプリをダウンロードするとゲーム内でアイテムやツールが増えるなど、オンライン上で完結するプロモーションが主流。一方、リアル・リワード広告は実際の店舗でアプリのユーザー獲得を目指す手法となり、プロモーション実施店舗は、クーポンなどを販売促進に活用できる。

実証実験は、サイバーエージェントのスマートフォン向けソーシャルネットワーキングサービス「Ameba」が提供するゲーム「ガールフレンド(仮)」のアプリをダウンロードすると、店舗内で利用可能な500円のクーポン券取得のチャンスがあるクジに参加できる仕組み。クーポン券は5人あたり1人に贈られる。NFC搭載のスマートフォンを店舗内のNFCタグ付きポスターにかざすとダウンロードできる。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

CAリワード
http://www.ca-reward.co.jp/

凸版印刷
http://www.toppan.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]