ホットリンク、米Gnip社と提携し、Twitterサービス開始以降の全ツイートデータが利用可能に

Gnipはホットリンクに全Twitterデータを提供、ホットリンクは技術と専門知識を供給
よろしければこちらもご覧ください

エージェントシステム開発のホットリンクは、日本市場におけるツイートデータ供給サービスの普及と向上に向け、ソーシャルメディアデータを提供する米Gnip社と提携した、と11月14日発表した。Gnip社は、ホットリンクに対し、全「Twitter」データを取得できる「Twitter firehose」の公式なデータアクセス権を提供。ホットリンクはGnip社に対し、ホットリンクの技術とアジア圏における専門知識を提供する。

Gnip社はTwitterがサービスを開始した2006年からの全世界・全言語における全ツイートデータの再販権を取得している世界で唯一の企業のため、提携によって、ホットリンクが提供するソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」シリーズやソーシャルリスク・モニタリングツール「e-mining」が、全世界の全ツイートデータを活用できるようになる。

ホットリンク
http://www.hottolink.co.jp/

Gnip
http://gnip.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]