博報堂、生活者意識の定点観測調査「生活定点」の20年分のデータを一般に無償で公開

回答値が一覧できる数表と時系列グラフを自動作成するプログラムがダウンロード可能
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、同社のシンクタンク、博報堂生活総合研究所が1992年から隔年で実施してきた生活者意識の独自の定点観測調査「生活定点」のデータ約1500項目を、一般に無償で公開する、と9月27日発表した。20周年になったことを機に、蓄積してきた研究成果を社会全体の資産にするため、無償公開することにした。データは、企画・マーケティング、生活者研究に加え、さまざまな領域で自由な用途で活用できる。

生活定点は、首都圏と阪神圏で20~69歳の男女を対象に同じ質問を継続して実施し、回答の変化を時系列で観測している。衣、食、住、健康、遊び、学び、働き、家族、恋愛・結婚、交際、贈答、消費、情報、メディア接触、社会意識、国際化と日本、地球環境などの領域を網羅している。無償公開するのは、20年分の回答値が一覧できる数表と、時系列グラフを自動作成するプログラムで、自由にダウンロード可能。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂生活総合研究所
http://seikatsusoken.jp/

生活定点(ダウンロードページ)
http://seikatsusoken.jp/teiten/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]