【漫画】デジマはつらいよ シーズン1

なんで、私がリーダーに!? OMOに必要なのは真の顧客目線だ/【漫画】デジマはつらいよ・第10話

社長の肝いりで始まったOMOプロジェクトで、経験の浅いルリがチームリーダーに抜擢された。その理由とは?

ページ

10話のまとめコラム:デジタルトランスフォーメーションとOMO(中澤伸也)

こんにちは、「デジマはつらいよ」原案者の中澤です。 今回からはいよいよ、主人公のチームが「デジタルトランスフォーメーション(以下DX)」の推進と、その具体的なかたちとして「OMO」を実現するサービスの構築に乗り出します。そこで今回の寄稿では、DXとOMOについて簡単に説明したいと思います。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

皆さんも感じているかと思いますが、AppleのiPhone、Uberなど、デジタル技術の進化に伴い、あらゆる業種において、これまでにない革新的な新しい製品やサービス、そしてビジネスモデルが登場しています。これらの製品やサービスは、既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションとして、「デジタルディスラプション(デジタルによる破壊的変革)サービス」と呼ばれています。

2020年以降、「IoT」「5G」「AI」が急速に整備され発展していきます。これにより、スマートフォンの登場以上の大きな変化が社会に起きると言われています。これは、これまで以上のスピードで、既存のビジネスを根底から破壊しうる「デジタルディスラプションサービス」の登場を加速させるという、脅威であると同時に、日本の企業にとって大きなチャンスの到来であるとも考えられます。

もともと日本は、高速情報通信網の普及率は世界でも最高レベルであり、AI、IoTにおいても先進国です。よって、これらの変化に対応する「イノベーション」を、世界に率先して実現していく「底力」は高いものを有しています。

ただ、その優位性を発揮し、変化に対応していくにあたり、日本にはいくつかの「マイナスポイント」があります。

  1. 企業の基幹システム等のIT基盤が、変化に対応できる状態になっていない
  2. デジタル化といった大きな環境変化に柔軟に対応できる、組織構造になっていない
  3. デジタル起点で顧客体験を考えられる、人材の不足など

これから起きる変化を「チャンス」と捉えて成長していくためには、現在のビジネスモデルや組織、そしてITインフラを、構造レベルで変革していき、「顧客体験を起点」とした、新しいサービスやビジネスモデルを構築していく必要があります。

この「デジタル化する世界を前提として、企業がビジネスモデルや組織・インフラを構造レベルで変革し、新たな顧客価値の優位性を獲得する」取り組みを「デジタルトランスフォーメーション」と呼んでいます。

OMOとは?

OMOとは「Online Merges with Offline」の略です。リアル世界がデジタルに内包されるアフターデジタルの世界において、「リアル店舗とネット上での体験をシームレスに統合し、総体として最高の顧客体験を提供する」概念を表します。デジタルトランスフォーメーションのひとつのあり方として、現在もっとも注目される概念のひとつです。

すでに中国では、このOMOが「あたり前の体験」となりつつあり、アリババのスーパーマーケット「フーマー(盒馬鮮生)」が有名です。

フーマーでは、リアル店舗の食材等、すべての商品にQRコードが記載されており、店内を回遊しながらアプリで購入と決済を行います。購入した商品は持って帰る以外にも、店を出で30分以内に自宅に届けてもらうこともできます。また、アプリを使えばその場でトレーサビリティ情報を得ることができます。

またフーマーの他にも、創業10ヵ月で1000店舗を展開した「Luckin Coffee(瑞幸咖啡)」といった事例もあります。こちらは、独自のアプリからのオーダーにのみ対応しており、事前にアプリで注文し、決済を行って来店すると、店頭でQRコードを表示すれば、ほとんど待つこともなく商品を受け取れる、といったサービスを行っています。

これらを見てもわかるとおり、すでに中国では、オンラインとオフラインの体験が統合(OMO)され、ひとつのサービス体験として価値を提供し始めています。OMOの体験価値を提供できている企業が、既存サービスを駆逐し、急速な成長を果たしているのです。

中国でこれほど早くOMOの世界が実現している背景には、キャッシュレスがほぼ浸透しきっていた、既存サービスの体験品質がそもそも低かった、等の環境要因はあります。しかしながら、現在これらの企業で行われている、顧客データをもとにしたUX構築およびPDCAの技術力は、すでに日本企業を大きく上回っており、体験価値そのものも非常に高いレベルにあると言われています。

デジタルトランスフォーメーションやOMOは、これからの日本企業においては、避けては通れない道です。その中で、われわれデジタルマーケターの果たす役割は大きいのではないでしょうか。

次回に続く

「デジマつらいよ」シーズン2はこちら→

【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

LTVがマーケティングに使えない理由は「期間」にあり!? /【漫画】デジマはつらいよ2・第16話

虎が説く「厳密な意味でLTVを使わずに顧客と経営をつなぐマーケティング」とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...4/28 7:00590
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

顧客維持率を可視化できる「コーホート帳票」とは何か? /【漫画】デジマはつらいよ2・第15話

虎は、顧客維持率と限界利益を可視化する独自の方法を、社長へ説明する。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...3/31 7:0013140
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

経営層はなぜマーケティングに予算を割いてくれないのか? /【漫画】デジマはつらいよ2・第14話

顧客を資産と見なし、マーケ予算を財務諸表とリンクさせるCEMとは何か?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2/28 7:0034180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

売上アップには顧客維持が必須! 予算獲得のカギは財務諸表にあり? /【漫画】デジマはつらいよ2・第13話

顧客獲得に比べて軽視されがちな顧客維持のための投資。どのように説明すれば経営陣の理解を得られるのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...1/31 7:0031140
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

クーポンやポイントでは顧客との関係は築けない!? マーケティングを成功させる3つの条件とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第12話

狭義のマーケティングの目的は「顧客との関係構築」だとする虎。その度合いを測る基準は何にすべきなのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/12/22 7:001490
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

虎が講演会に登壇!「集客・販促=マーケティング」ではない理由とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第11話

伝説のマーケター・京極虎が「マーケティングとは何か?」という大きなテーマで講演を行うことになった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/11/30 7:0014131
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サイト表示速度を向上させるSPAって何だ!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第10話

SEOの重要指標コアウェブバイタルとWebサイト表示速度の具体的な向上方法とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/10/29 7:007210
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

Webサイトの表示速度がコンバージョン率に影響!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第9話

大島電気ECサイトのコンバージョン率が伸び悩んでいる原因は、Webサイトの表示速度だった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/9/30 7:0061342
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

コンバージョン率の成長が止まったECサイト! 虎に秘策はあるのか!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第8話

家電量販店のEC事業部長・白井は、ECサイトのコンバージョン率が2年間伸びてないという悩みを抱えていた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/8/31 7:0010180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

エンゲージメント向上は急がば回れ。オンボーディングで顧客との関係性を早期に構築せよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第7話

虎が提案したオンボーディング・プログラムとはどのような内容なのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/7/30 7:005230
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

ロイヤルティプログラムの弱点!? なぜ初期ユーザーのエンゲージメントを高められないのか?/【漫画】デジマはつらいよ2・第6話

サブスクの継続利用率アップのための秘策として、虎が提案したのは、オンボーディング・プログラムだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/6/30 7:0072160
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サブスクの継続利用率が急落!! KPIに変化なし。どうすればいいの?/【漫画】デジマはつらいよ2・第5話

男性用化粧品のマーケティング担当者・鈴木浩一。継続利用率下落の理由がわからず、虎のバーを訪ねることにした。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/5/31 7:0016190
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

社長プレゼンなんて怖くない!?「説得するな。正しく判断するための情報を渡せ」/【漫画】デジマはつらいよ2・第4話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこは、伝説のスゴ腕マーケター・京極虎から、「決裁承認の場は、経営陣を説得する場ではない」というアドバイスをもらったのだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/4/28 7:003171
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

突然の社長プレゼンで大ピンチ!「決裁承認の場は経営陣を説得する場ではない」ってどういうこと!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第3話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこ。決裁承認をとらなければいけない重圧に耐えかねて、虎のバーを訪ねた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/3/31 7:008151
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

キャリアアップに大事なのは「自分の北極星」 5年後のキャリアイメージなんてザックリでいいのよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第2話

マンガ新連載! 「もっと成長したい!」と悩むECディレクター・ユミに、瞳は2つのアドバイスを送った。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/2/26 7:0010212
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

マーケター改めコンサルタント瞳登場!キャリアアップできる転職の秘訣とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第1話

マンガ新連載! 伝説のマーケター・京極虎がバーテンダーに転身!? 社内で実績を積むか転職か、悩めるマーケターの問題解決に挑む。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2021/1/29 7:0013240

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]