国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

ペンギンアップデート2.0がやってきた。予告されていた大変動は? など10+4記事(海外&国内SEO情報)

「nanapiがSEOに大成功した5つの秘訣」「ユーザビリティを優先したサイトデザイン設計」なども

ページ

今週のピックアップ

ペンギンアップデート2.0がやってきた。予告されていた大変動は?
★★★★☆ もの足りない変動 (Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO)

グーグルは、2世代目となるペンギンアップデートを、現地時間の2013年5月22日にグローバルで展開した。米Googleサーチクオリティチームのマット・カッツ氏が、そのことを個人ブログで発表したのだ。

ペンギンアップデートは、人工リンクや隠しテキスト、キーワードの乱用などウェブスパムに対向するための検索アルゴリズムで、昨年5月に導入された。今回のペンギンアップデートの更新は、内部ではペンギンアップデート2.0と呼ばれ、1世代目からアルゴリズム自体を大幅に変えたそうだ。

次のペンギンアップデート更新は大きな順位変動を起こすだろう

こんな予告を、マット・カッツ氏は何度かしていた。確かに変動は発生しているようだが、マット・カッツ氏が強調していたほどの大変動には至っていないというのが、SEO業界の大方の見方だ。

ペンギンアップデートの更新は今後も継続するとのことである。グーグルとウェブスパムとの戦いはまだまだ続きそうだ。

ペンギンアップデート2.0について書いた、日本の主だったSEO系ブログの記事を載せておく。情報をもっと知りたければこちらも参照してほしい。

日本語で読めるSEO/SEM情報

nanapiがSEOに大成功した5つの秘訣
★★★★★ 緻密な施策を少人数・手作業で実行 (livedoorNEWS編集部 on NAVERまとめ)

nanapiは、充実したハウツー系のコンテンツが集まっている情報提供サイトだ。

SEOを含むさまざまな改善策によってnanapiはユーザー獲得を大きく増やすことに成功したそうだ。nanapi代表の古川氏がセミナーで語った成功の秘訣をこちらの記事がレポートしている。

主に次の5つの施策になる。

  • 細分化したテーマページの作成
  • 検索クエリの分析
  • 4種類の記事タイトル
  • meta description記述の工夫
  • サイト名の認知

大規模サイトならではの施策もあるが、サイトの規模を問わずに見習いたい施策も多い。またQ&Aも非常に参考になる。手間のかかる作業を少人数で、しかも手作業でやったことにも筆者は驚いた。

ぜひ読んでほしい。得るものがたくさんあるはずだ。

ユーザビリティを優先したサイトデザイン設計の一部始終を公開します。
★★★★☆ リアルタイムで綴るSEOレポートが再開 (リアルタイムSEO日誌)

自社のホワイトハットSEO施策のプロセスをリアルタイムで綴っていくブログこのコーナーで数回ピックアップしたことがある。

しばらく更新が途絶えていたが再開した。

新記事のテーマは「ユーザビリティを考慮したワイヤーフレーム設計」だ。ユーザーが使いやすいサイトのデザインを設計する過程になる。

サイト運営者側の都合ではなく、ユーザーにとってのわかりやすさと使いやすさを先に考えるサイト設計の思想は重要だ。

長い記事なのでじっくり読んでいただきたい。

自然なリンクを獲得できるコンテンツをあなたが作れない理由
★★★★☆ 自分の顧客のことを知らないから (Takahiro Watanabe (takahwata) on Twitter)

渡辺隆広氏のツイートを前回に続いて紹介する。

突き放した物言いに聞こえるが、どうやら執筆中のSEO書籍に盛り込みたい内容らしい。下書きよりも前の段階なので、思い付くままに書いたのだろう。

それでも非常に有用なメッセージであることに変わりはない。

アクセスアップにコンテンツ更新が欠かせない5つの理由
★★★★☆ 古びたコンテンツばかりのサイトにはマイナス面がたくさん (SEO 検索エンジン最適化)

サイトへの訪問を増やすにはコンテンツの更新が欠かせない。SEOにも更新は(正しくやれば)プラスに働く。しかし継続的に更新できているサイトは多いとは言えない。“作りっぱなし”になっているサイトも少なからずあるだろう。

住太陽氏が、サイトのアクセス増加に更新が必要な5つの理由を挙げている。

  • リピーターの再訪を促すため
  • クチコミを発生させるため
  • 記事のストックを増やすため
  • ライティングスキル向上のため
  • 古くなったコンテンツを復活させるため

コンテンツ更新がなぜ重要なのか、そしてどのようにコンテンツを更新すればいいのかを学んでみよう。

また、住氏が前日に公開した「コンテンツの告知経路を整備する」というタイトルの記事も併せて読んでほしい。

ウェブ担当者が、SEOで悲劇の結果に陥らないために必要なこと
★★★★☆ 良い発注者になって良いSEO業者を選ぶ (smashmedia)

マーケティングやソーシャルメディアの専門家である河野武氏が、SEOの専門家である辻正浩氏との対談をレポートしている。

念入りに読んでほしいのは後半部分だ。

世の中には良いSEO業者もいれば、悪いSEO業者もいて、さらに良い発注者もいれば、悪い発注者もいます。

SEO発注者とSEO業者の4つの組み合わせ

良いSEO業者と良い発注者の関係以外はすべて悲劇になるんです。

(残念ながら悪いSEO業者を減らすことができない以上)、せめて自分たちが悪い発注者にならないようにすることはとても大事なことですよね。

「正しい知識は自己防衛の第一歩ですよ」という河野氏のツイートでの指摘もまったくそのとおりだ。

Web担の読者には、悪いことと知っていてガイドライン違反を犯してほしくないし、「知らなかった」が原因で悪徳SEO業者に騙されてもほしくない。

詐欺師はダマしやすそうな人からダマすので、人より少しでも知識を持ち合わせていればターゲットになりにくくもなるでしょうしね。

それになにもこれはSEOにかぎった話じゃありません。勉強はめんどくさいですけど、せめてその領域の本を一冊読むくらいのことはしたほうがいいと思います。

という河野氏の言葉は、当たり前のことのようだが実際に行うのは意外と難しい。しかし、その「少しの知識」が価値をもつシーンが多いのも確かだ。意識しておいてほしい。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

データハイライターの機能拡張と大手ブランドサイトが受けとった警告についての記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

検索オプション
より目的の検索結果となるように検索条件を絞り込める検索のこと。サイト内検索を提供 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]