コメント投稿

LINEが「LINE公式アカウント」とオンライン接客を組み合わせた「LINE STAFF START」開始へ

店舗スタッフによる現実に近い接客が可能、バニッシュ・スタンダードと業務提携して開発
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、同社の個人・法人向けアカウントサービス「LINE公式アカウント」と、店舗スタッフのオンライン接客を組み合わせた新サービス「LINE STAFF START」を2021年内に始める、と5月14日発表した。小売店向けネット販売促進サービス事業のバニッシュ・スタンダードと業務提携して共同開発する。新型コロナウイルスの影響に伴うオンラインショッピングの拡大を受けた。

LINE公式アカウントは、コミュニケーションアプリ「LINE」で「友だち」になっているユーザーにメッセージ配信できるサービス。バニッシュ・スタンダードは、店舗スタッフの業務をデジタル化するアプリケーションサービス「STAFF START」を展開。STAFF STARTで店舗スタッフのオンライン接客が可能になり、売り上げへの貢献を可視化して個人や店単位での評価を実現する。

LINE STAFF STARTでは、STAFF STARTに登録している約7万人を超える店舗スタッフのLINE公式アカウント開設を可能にする。店舗スタッフはチャット機能、メッセージ、ビデオ通話、ライブ配信を使って顧客の要望に応じた現実に近い接客ができる。売り上げは計測する。顧客は、従来のインフルエンサーの紹介だけではなく、プロの店舗スタッフの接客を受けられるようになる。

オンライン接客のイメージ図

デジタル会員証などをLINE上で提供すると、LINEアカウントとひも付けた顧客のオフラインでの購買履歴も取り入れられる。購買履歴や来店履歴に基づいた情報をLINE公式アカウントを通じて届けたり、接客に活用したりできるようになる。アパレル、コスメ、食品、家電などの小売業やサービス業などさまざまな業界での新しい接客体験提供に向けて開発を進め、順次展開する。

よろしければこちらもご覧ください
990
990
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]