LINEが店舗スタッフと顧客が直接コミュニケーションできる「LINE STAFF START」開始

バニッシュ・スタンダードが展開するスタッフDXサービス「STAFF START」の機能を活用
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」を通して店舗スタッフが顧客と直接コミュニケーションできるサービス「LINE STAFF START」を11月18日に本格的に始めた、と同日発表した。小売店向けネット販売促進サービス事業のバニッシュ・スタンダードが展開するスタッフDX(デジタル変革)アプリケーションサービス「STAFF START」の機能を活用する。

LINE STAFF STARTは、LINEの個人・法人向けアカウントサービス「LINE公式アカウント」と、店舗スタッフの接客をDXするSTAFF STARTを組み合わせた。LINE公式アカウントのチャット、「LINEコール」(通話)、メッセージ配信、タイムラインの各機能を使って接客できる。LINEコールで商品を動画で紹介した後、商品のリンクをチャット機能で送ることが可能。

コールとチャット機能を利用することで、商品の特長がより伝わる1対1のオンライン接客が実現する。アパレル、コスメ、家電量販店などさまざまな業種で導入が決まっている。今後は、顧客が来店したタイミングに買い物情報を届けたり、LINE公式アカウントの「友だち」ユーザーが店に来た時にスタッフに通知したりする「来店検知機能」の実装も検討する。

導入企業一覧
「来店検知機能」の実装イメージ(予定)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]