LINEが企業・店舗向けアカウント「LINE公式アカウント」の料金プランを2023年6月に改定

月額固定費無料のプランは名称を変更、無料配信できるメッセージ数が1000通から200通に

LINEは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」を活用する企業・店舗向けアカウント「LINE公式アカウント」の料金プランを2023年6月に改定する、と10月31日発表した。月額固定費がかからない「フリープラン」は、名称が「コミュニケーションプラン」に変わり、無料で配信できるメッセージ数が従来の月1000通から200通になる。

LINE公式アカウントは、企業・店舗が「友だち」のユーザーにメッセージが配信できるサービス。今回、企業・店舗がユーザーと双方向の深いつながりを生み出せるサービスを目指して料金プランを改める、としている。サービス利用情報やアンケート結果などユーザーデータとのひも付けによるメッセージ配信の高度な最適化を推進する。

「Yahoo! JAPAN」やコード払い「PayPay」などZHDグループ各社のサービスとの連携を通したユーザー接点の強化▽業種特化型パッケージプランの提供--にも取り組む。現行の「ライトプラン」(月額固定費5000円)、「スタンダードプラン」(同1万5000円)=いずれも税別=は、名称と月額固定費はそのまま。ライトは無料配信メッセージ数が月1万5000通から5000通に、スタンダードは同4万5000通が3万通になる。

「コミュニケーションプラン」「ライトプラン」「スタンダードプラン」の3つの新料金プラン
現行料金プラン
新料金プランの適用
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]