コメント投稿

動画広告を分析してPDCAを回す方法

コロナウイルスの大流行により、多くの広告主が動画広告に参入し、消費者も動画広告を見慣れた今では広告を出すだけで成果が出る時期は終わりました。そこで今回は動画広告の分析方法、PDCAサイクルの回し方、その際に利用できるツールを紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

>> 動画広告を分析してPDCAを回す方法を見る

インターネット利用の急増

2020年も終わり、2021年が始まりました。2020年というと、コロナウイルスのパンデミックが最も印象的だと思います。その結果これまでの広告手法が通用しなくなったり、これまで安定だと思われていたビジネスが苦境に立たされたり、大きな変化がありました。

しかしその中でも、一番注目したい変化がインターネット利用の急増です。

ビデオリサーチ社の調査によると、2020年は「おうち時間」「STAY HOME」によりインターネット利用が急増。

2019年、「ウェビナー」や「Zoom」「テレワーク」などの言葉には先進的なイメージがありましたが、この1年で当たり前になりました。

その結果が、一気に広がったのが「動画広告」です。ビデオリサーチ社の調査では、動画広告により、「広告の内容をネットで調べる」などする人の割合が急増しました。

2020年は動画広告を活用していれば、大きく成果を上げられた年といってもよいかもしれません。実際、緊急事態宣言中などはYouTubeの視聴者数が増加し「出せば出すだけ成果が上がるという状況でした。

しかし多くの広告主が動画広告に参入し、消費者も動画広告を見慣れた今では広告を出すだけで成果が出る時期は終わりました。動画広告も入念に計画・分析し、PDCAサイクルを回していくことが求められています。

「Grab」では動画広告の分析方法、PDCAサイクルの回し方、その際に利用できるツールを紹介しています。

>> 動画広告を分析してPDCAを回す方法を見る

 

よろしければこちらもご覧ください
000
000
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス