ソーシャルメディア動画広告のPDCAサイクル支援サービス「Crevo動画広告運用」開始

Crevo、プランニング・制作から運用・A/Bテスト、結果を踏まえた改善提案まで実施
よろしければこちらもご覧ください

動画制作プラットフォーム運営のCrevo(クレボ)は、ソーシャルメディア動画広告のPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを支援するサービス「Crevo動画広告運用」を12月1日に始めた、と同日発表した。各ソーシャルメディアの特性に合わせた最適な動画広告クリエイティブのプランニング・制作から、動画広告の運用・A/Bテスト(2パターンの効果実験)、運用結果を踏まえた改善提案まで実施し、広告効果を最大にする。

まず「Facebook」と「Instagram」の動画広告向けに開始した。「YouTube」の動画広告「Trueview」や「Twitter」動画広告についても順次、始める。Crevoが展開する動画制作プラットフォーム「Crevo」は、世界のクリエイター2000人が登録し、複数のパターンの動画広告が短期間に制作できる。サービス開始から1年半で400社以上が利用した。Crevo動画広告運用はPDCAサイクルを一括提供し、半年で100社への導入を目指す。

Crevo(会社)
http://crevo.tokyo/

Crevo(動画制作プラットフォーム)
https://crevo.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]