アプリ解析ツール「Metaps Analytics」でアプリとサイトを横断分析できる機能開始

メタップス、「Googleアナリティクス」のAPIと連携、1つの管理画面で分析が可能に
よろしければこちらもご覧ください

開発者向け収益化プラットフォーム運営のメタップスは、同社のアプリ解析ツール「Metaps Analytics」で、アプリとWebサイトを横断的に分析できる機能の提供を始めた、と12月2日発表した。グーグルのアクセス解析サービス「Googleアナリティクス」と連携する。Googleアナリティクスを導入済みのWebサイトは、Metaps Analytics上でアプリとWebサイトのデータの統合的な分析が可能になる。

従来のスマートフォンサービスはアプリとWebサイトのプロモーションが分断され、広告効果の統合した分析が難しかった。今回、Metaps Analyticsでこれまでのアプリ解析に加え、GoogleアナリティクスのAPIとの連携によってWebサイトも1つの管理画面で分析できるようにした。アプリやWebサイトのアクセス、売り上げにテレビCMやスマートフォン広告が与える影響がリアルタイムに分かる。

メタップス
http://www.metaps.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]