コメント投稿

データアーティストがテレビのビッグデータ収集・分析ツール「コトモノ」無償版公開

テレビのメタデータを活用、取り上げられる事柄と関連度が高い商品を結び付けて利用
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングコンサルティング・ソフトウェア事業のデータアーティストは、テレビに関するビッグデータが収集・分析できるマーケティングツール「コトモノ」の無償版の公開をウェブで始めた、と10月1日発表した。最新の人工知能技術を活用したアルゴリズムによって、テレビで取り上げられる事柄(コト)と関連度の高い商品(モノ)を結び付ける。近く展開する有償版に先駆け、試用できる無償版を公開した。テレビ放送ログサービスのワイヤーアクションが収集するテレビのメタデータを活用する。

テレビのメタデータをデジタルマーケティングに利用することでニーズが顕在化していない顧客へのアプローチを可能にする。コトモノ無償版は、検索対象キーワードのテレビでの出現回数の時間変化が週別に過去3年分閲覧可能。検索対象キーワードが登場した番組名、番組内の放送内容、一緒に登場したキーワードが把握でき、適切な文脈で製品と事柄のタイアップを可能にする。有償版は分析・出力機能を追加する。テレビとデジタルを連動したマーケティングが注目される中、新市場の創出を目指す。

データアーティスト
http://www.data-artist.com/

ワイヤーアクション
http://www.wireaction.jp/

コトモノ
https://tv.data-artist.com/

よろしければこちらもご覧ください
11180
11180
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル