米アドビがマーケティングデータを分析・共有・活用する「Analysis Workspace」発表

質の高い分析データが作成可能、ドラッグ&ドロップの直感的操作性でデータを可視化
よろしければこちらもご覧ください

米アドビは、同社の分析ツール「Adobe Analytics」を使って企業がマーケティングデータを分析・共有・活用するための新機能「Analysis Workspace」を9月24日に発表した。アナリストはデータの表示方法を操作して質の高い分析データが作成できるようになる。企業内のデータの整理や可視化の方法を改善し、経営判断をする層に最適な分析結果の提示を可能にする。

Analysis Workspaceはアドビの画像加工ソフト「Photoshop」のように、データをドラッグ&ドロップするだけの直感的な操作性があり、新たなデータが棒グラフ、円グラフなどですぐに可視化できる。異常値検出、貢献度分析、計算指標、新たに追加された集団分析ツールなどの機能を初めて搭載し、アドビのクリエイティブツールをベースにデータの分析を容易にした。

アドビ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]