セールスフォースがテレビ視聴データ分析力を強化、深いマーケティング分析が可能に

傘下のDatorama、エム・データとTVISION INSIGHTSの2社とパートナーシップ契約を締結
よろしければこちらもご覧ください

CRM(顧客関係管理)ツールなどを展開するセールスフォース・ドットコム(Salesforce)は、傘下でマーケティングインテリジェンス事業を展開するDatorama(デートラマ)が、テレビ視聴データを提供するエム・データとTVISION INSIGHTSとの2社とパートナーシップ契約を締結した、と12月22日に発表した。エム・データの「TVメタデータ」と、TVISION INSIGHTSの「アテンションデータ」とDatoramaのセットで提供する。

 

エム・データのTVメタデータは、テレビ番組やCMの放送実績を100名超の専属スタッフが24時間365日記録したもの。関東・中京・関西・BS局で「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「どの程度(何秒間、何回)」放送されたを独自技術で収集している。Datoramaと連携で、テレビ広告や番組露出直後の一定時間内にWeb検索数やセッション数と重ねて分析し、スポットCMやパブリシティの効果やリフト(促進)値を可視化する。

 

TVISION INSIGHTSのアテンションデータは、顔認識・人体認識アルゴリズム(計算手順)を組み込んだ独自の調査機器で「誰がテレビの前にいるか」「視線がテレビに向いているか」の視聴態勢を取得し、獲得リーチのアテンション量も把握する。Datoramaとの連携で他のマーケティングデータとの関連性が分かり、テレビ広告が売上やリード件数、SNSの口コミ量などKPI(重要業績評価指標)への波及効果や相関関係も理解できる。

テレビCMは、以前より詳細な情報でターゲットにリーチできているかの評価が求められている。2社のテレビ視聴データとDatoramaの連携でマーケティングデータ分析力が強化され、テレビCMの結果分析からテレビCM戦略をより高度にすることができる。Datoramaはイスラエルで2012年に創業して世界3000社以上のブランド企業や広告代理店のマーケティング分析を支えており、18年にセールスフォースが買収した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]