Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

信じられないほど効果的に被リンクを増やす意外な戦術

よろしければこちらもご覧ください
イメージ画像裏技

今日の記事に違うタイトルを付けるとしたら、さしずめ「トムによる『リンクビルディングの意外な裏技』その1」といったところかな。でも、その1だけで終わっちゃう可能性もあるから、安全策をとってシリーズっぽいタイトルを避けたんだ。でないと、僕はこの手のアイデアをしょっちゅうひねり出さなきゃならなくなるからね。わかってるよ、僕は怠け者さ。悪かったねっ!

怠け者と言えば……僕はいつも、リンクビルディングキャンペーンを開始段階から勢いにのせ、手間をかけずにすませる方法を探している。そして、人間に関する僕の見方が正しければ、みんなだって同じはずだ。ランドが以前に書いた誰もが最も難しいと感じているSEO作業について記事でも、同じようなことを述べている。最も困難なのは外部リンクの獲得、というのが圧倒的多数の意見のようだ。

今回、手っ取り早くたくさんのリンクが獲得できる戦略を取り上げようと思ったのもそれが理由だ。それに、実際、どんなニッチ分野でも役に立つと言っても差し支えない。そんなうまい話があるわけないって? ところがあるんだな。その方法をこれから紹介していこう。

あ、念のために言っておくと、これは100%きれいな戦術だからね(^-^)。

手っ取り早くたくさんの効果的なリンクを獲得する方法

基本原則を以下に示そう。

以前はサービスを提供していたのに、提供をやめてしまったページまたはサイトを見つける。

このアイデアを思いついてすぐに、僕はグーグルでサービス提供をやめてしまったサイトを検索してみた。すると、第4位にBBCのアンティーク・ページが現れたんだよね。BBCのサイト内にあるツールバーページランクが6のページなんだけど……ここにはもうアンティーク関連コンテンツを掲載していない。僕はこのページを見てすぐにピンときた。このアイデアはそれこそ無敵で、質の高いリンクをたくさん見つけられるってね。

さて、そんなページの見つけ方を詳しく説明する前に、そんなページやサイトをリンクビルディングにどう活用するかについて説明させてほしい(まだピンとこない人のためにね!)。

見つかったページと同じニッチ市場に属するサイトを持っている場合、リンクビルディングに活用するための基本的な方法は次の2つだ。

  1. 見つけたページやサイトの所有者に連絡して、もはやサービスを提供していない先方のページから、自分のサイト(もちろん、まめに運営しているサイトだよ!)へのリンクを追加してくれるよう依頼する。サイトのオーナーにとってみれば、もうサービスを提供していないページを見つけたユーザーに有益なページが提供できるのだから、これは願ってもない話だし、君にとってもうまい話だ。なぜかって? さっき、ツールバーページランクが6のサイトについて話さなかったっけ?

  2. そのページに対するリンクを分析し、有用なページにリンクを張っているつもりのサイトをすべて拾い出す。そして、こんな風に連絡を入れるんだ。

    初めまして。拝見させていただいたところ、BBCのアンティーク・ページにリンクを張っていらっしゃるようですが、同ページがすでにサービスの提供を停止していること、ご存知だったでしょうか? そこで、代わりと言っては何ですが、私のアンティーク・サイトにリンクしていただけませんか。当サイトは、古衣装などを扱い、人気投票のシステムも備えた活気溢れるWeb 2.0サイトです。

    これがどの程度効果的かわからないって? だったらBBCのページを見てみてよ。あのページは1044ものリンクを獲得しているんだ(同じディレクトリ内にあるほかののページについては言うまでもないよね)。

ね、すごくいいアイデアだろ? でも、アンティーク関連のサイトを運営していない場合はどうすればいいんだろう? そのときは、別の角度から考えてみて、自分なりの創意工夫を加えた依頼方法を考えなくちゃね(ところで、実際にアンティーク・サイトを運営していて、ここに書いた方法を試す人がいたら、ぜひ話を聞かせてほしい。僕にメールを送るか、下のコメント欄に書き込んでもらえると嬉しいな)。

効果的なリンク獲得に必要なサイトの見つけ方

では感謝を込めて、必要なサイトの見つけ方を披露しよう。

もうサービスを提供していないサイト、あるいは期限切れになっているサイトを見つける検索ワード。

  • サービスを終了しました
  • サービスを終了しました キーワード
  • サービスを終了しました inurl:.ac.jp(海外のサイトを探す場合は inurl:.edu)
  • サービスを終了しました キーフレーズ
  • このサイトは閉鎖いたしました
  • このサイトは閉鎖いたしました キーフレーズ
  • サイトを閉鎖しました
  • サイトを閉鎖しました キーフレーズ

ある商品をもはや販売していないサイトを見つける検索ワード。

  • 販売を終了しました キーワード
  • 取扱を終了しました キーワード
  • 販売を停止しました キーワード
  • 取扱を中止しました キーワード
※訳注 日本の読者が利用することを考え、日本語でヒット数の多いキーワードに訳している。日本語で検索する場合は、表記のゆれや表現のバリエーションが多いため、二重引用符なしで検索するのがいいだろう。また、「サイト 閉鎖」「サービス 終了」など、助詞を省いて検索した場合は、サイト閉鎖などを伝えるニュースサイトやブログが検索上位に入ってくるため、必要なサイトが見つかりにくくなってしうようだ。

こういった検索をうまく利用するコツは、そのバックリンクをよく調査して、どんな人がその製品情報を求めてそこにリンクを張っているかを調べることだ。これは、けっこう時間がかかる場合もあるけど、本当にすごく価値のあることなんだよ。普通の方法で自分の製品ページに直接リンクを張ってもらうことがどれだけ大変か、思い出してみて!

とにかく、このアイデアは理解できたよね。この方法を用いて、もっといろいろなクエリや、自分のサイトにリンクを張ってもらえそうなニッチサイトを見つけだすのは、そう難しいことじゃない。

この戦術とSEOのためにサイトを購入という行為に、多くの共通点があることは指摘しておいてもいいだろう。こっちの方が、時間はかかるけど安上がりだし、サイト購入に伴うリスクもない。でも、サイトを見つけるのにはまったく同じ手順が使えるし、その手順についてはすでに何度も取り上げられているよね。代表的なものをいくつか紹介しておくと、ShoeMoney氏アーロン・ウォール氏QuadsZilla氏といった有名人たちがサイトの購入について記事を書いているから、ぜひ読んでみてほしい。それから、タマル氏が書いているSMX Advancedセッションの要約を読めば、もっと役に立つよ。

ところで、PRO会員なら、ぜひこの会員向けページも見てほしいな。ここには素晴らしい情報や、僕が見つけたサイトの例、それからこのアイデアをブログに適用する方法なんかがぎっしり詰まってるからね。PRO会員でない人は、今すぐ登録

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]