コメント投稿

電通レイザーフィッシュ、「LINEビジネスコネクト」のマーケ支援プラットフォームを開発

CRMや1対1のコミュニケーションが可能、各種機能を一元管理・運用できるサービスを予定
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティングの電通レイザーフィッシュは、アプリ開発・運営のLINEが提供する企業向けシステムサービス「LINEビジネスコネクト」を活用したマーケティング支援サービスのプラットフォームを開発する、と11月25日発表した。2015年1月中旬をめどにサービスを始める。LINE公式アカウントだけでできなかったCRM(顧客関係管理)や、1対1のコミュニケーションを可能にする。

ユーザーのデータをサーバーに蓄積しながら、「セグメント配信機能」「コミュニケーション機能(自動応答)」「キャンペーン応募フォーム作成機能」の3種の機能を管理画面上で一元管理・運用できるサービスを予定している。その後、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)や位置情報と連携させたO2O(オンライン・ツー・オフライン)、オムニチャネル対応など、順次サービスを拡張していく。

電通レイザーフィッシュ
http://www.dentsu-razorfish.com/

LINE
http://linecorp.com/

よろしければこちらもご覧ください
670
670
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル