国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

グーグル検索でサイト名が正しく表示されない! どうすればいい?

ページ

グーグル検索SEO情報②

グーグル検索でサイト名が正しく表示されない! どうすればいい?
alternateNameで代替名を指定する (グーグル 検索セントラル ブログ) 国内情報

グーグルが検索結果に表示するサイト名に関係する更新が2つあった。

  • サブドメインのサイト名をPC検索でも表示
  • 希望するサイト名を表示するためのガイダンス

サブドメインのサイト名をPC検索でも表示

サブドメインで運用するサイトは、これまではモバイル検索ではサイト名を表示できたがPC検索ではできなかった。しかし、今はPC検索でもサイト名が表示されるようになった。

Web担当者Forumのサイト名表示
webtan.impress.co.jpのサブドメインで運用するWeb担当者ForumもPC検索でサイト名が表示されている

希望するサイト名を表示するためのガイダンス

検索結果でどのサイト名を表示するかを判断するのに、グーグルはいくつかの情報を利用する。最も重視するのはWebSite構造化データだ。

通常はWebSite構造化データのnameプロパティに指定しているサイト名を使う。これはすでに情報として公開されていたものだ。

しかし、希望するサイト名がグーグルのシステムの都合で採用されない場合がある。その対応策が技術ドキュメントに追加された。具体的には、WebSite構造化データにalternateNameプロパティで代替名を指定する方法だ。

たとえば、「Web担当者Forum」がこのサイトの正式名称だが、「ウェブ担当者フォーラム」や「Web担」も別名として使われていたとする。WebSite構造化データのalternateNameを追加するのだ。

<script type="application/ld+json">
 {
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "WebSite",
  "name": "Web担当者Forum",
 "alternateName": ["ウェブ担当者フォーラム", "Web担", "webtan.impress.co.jp"],
  "url": "https://webtan.impress.co.jp/"
 }
</script>
nameプロパティには正式名称を指定する。alternateNameプロパティには、正式名称が使われなかったときの代替名を指定する(複数記述できる)

希望するサイト名が検索結果に表示されないのはどんな場合かなどは、元サイトで確認してほしい。検索結果でのサイト名表示に関する詳細を知りたい場合は、技術ドキュメントで確認できる。

★★★★☆
  • サブドメイン運用しているすべてのWeb担当者 必見!
  • サイト名が正しく表示されない人用(ふつうの人は気にしなくていい)

グーグル社員も絶賛! 1位表示する有益なコンテンツの見極め方
客観的に見て他のどのコンテンツよりも優れていること (Dr. Marie Haynes on X) 海外情報

グーグルのジョン・ミューラー氏も絶賛した、有益なコンテンツの見極め方を紹介する。カナダ在住のSEOコンサルタントであるマリー・ヘインズ博士が、エックス(旧ツイッター)で投稿したものだ。

これは、自社のコンテンツが高品質であるかどうかを判断するときの問いかけだ:

検索者にとって、あなたのコンテンツは常に最も役立つものとなっていますか?

現在上位にランクインしているページとあなたのページを並べて選ぶとしたら、あなたのページは検索者が今すぐ解決したいニーズを満たすうえで大幅に優れているでしょうか?

1人の検索ユーザーとして検索したときに、「自分のサイトのコンテンツ」と「より上位のコンテンツ」とを比較した場合、自分のほうが優れていると客観的に言えなければならないということだ。

ヘインズ博士の発言に対してミューラー氏はこう絶賛している。

ウェブサイトで検索エンジンから高く評価されることを目指すなら、まさにこの考え方が目標とすべきことだ。もちろん唯一の要素ではないが、「他と同じくらいに良い」というのは際立つ要素にはならない

自分で作成したコンテンツだと、思い入れがありバイアスがかかってしまうこともあるだろう。しかし、「他サイトのコンテンツよりも優れている」と第三者の視点からも判断できるコンテンツに仕上げていくことが重要だ。

★★★★☆
  • すべてのWeb担当者 必見!

権威が高いサイトにリンクするとグーグルの評価が上がるってホント!?
ユーザーの役に立つなら発リンクでなければ意味なし (Reddit & Mastodon) 海外情報

権威が高いサイト、たとえばウィキペディアにリンクすると、グーグルからの評価が上がってランキングに良い影響があるのでしょうか?

こうした質問に対する答えを一言で言えば、「いいえ」だ。

グーグルのジョン・ミューラー氏はRedditで次のようにコメントしている(一部、意訳のため原文そのままではない):

著名なサイトにリンクするだけでは、検索エンジンの評価に何も関係ない。そんなことがなぜ起こるというのか? これはSEO業者が文字通り数十年にわたって主張/期待してきたことの1つだ。

たとえば、ハンドバッグ販売のアフィリエイトサイトがあるとする。そのサイトが適当にCNNとウィキペディアにリンクしているとする。そうしたリンクが理由でサイトを信頼するなんてことがあるだろうか?

リンクは、コンテンツの一部として扱うものだ。

  • そのリンクがユーザーに追加の独自の価値を提供しているか? それなら自然にリンクすればいい。

  • ユーザーには無関係なリンク? それならリンクしなくていい。

辞書を手元に置いておくだけではスペルミスは直らないのと同じで、高品質なサイトにリンクしただけでは低品質なコンテンツが高品質になったりはしない。

またミューラー氏は、同様のトピックに対してMastodonで次のように述べている:

もちろん、追加情報の参照先として価値を付加するリンクには何の問題もない。

「発リンクしないほうがいい」と主張しているわけではない。

「ページの中心的なコンテンツに価値を加えるわけではないリンクを無作為に追加するだけで、そのページが高品質になるわけではない」ということだ。

グーグルはコンテンツそのものの品質を見ている。名だたるサイトにリンクしているからといって、低品質なコンテンツが高品質になるわけではない。重要なのは「まずコンテンツそのものに価値がある」ことで、そのうえで「リンク先の情報が加わることでユーザー体験を向上させる」ものであるかどうかだ。そう考えてリンクを実装することが大切だ。

出典の明記はグーグルのE-E-A-Tを高める効果があると論じた住太陽氏の記事を以前に紹介した。これは、記事で主張する内容の根拠となる出典を明記することが必要という意味においてだ。たとえ著名なサイトのコンテンツであったとしても、無関係なコンテンツにリンクしても、E-E-A-Tが高まることはない(し、ユーザーにもなんの価値ももたらさない)。

★★★★☆
  • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

Google Search ConsoleのURL検査ツールとは? 基本機能と応用機能
URL検査ツールマスターへの第一歩 (#SearchLightningTalks on YouTube) 海外情報

Search ConsoleのURL検査ツールの機能をグーグルのマーティン・スプリット氏が動画で紹介した。

スプリット氏による解説の主要ポイントは次のとおりだ:

  • URL検査ツールは、インデックスされたURLに関する包括的な情報を提供する
  • 「クロールされたページを表示」では、レンダリングされたHTMLやHTTPレスポンスなどの詳細な詳細が明らかになる
  • ブロックされたリソースなど、ページの潜在的な問題を特定する
  • 開発者はJavaScriptのコンソールメッセージを使って、ページの問題を診断できる
  • URLのライブテストでは、キャッシュを迂回してリアルタイムの結果を得られる

URL検査ツールを使いこなしているなら視聴は不要だろうが、そうでなければ視聴するといい。URL検査ツールの知らなかった機能をスプリット氏が教えてくれるかもしれない。

なおスプリット氏は英語で話しているが、日本語字幕を利用できる。

日本語字幕
歯車アイコン→字幕→「日本語」を選択
★★★☆☆
  • URL検査ツール初めての人用(ふつうの人は気にしなくていい)

グーグルBardに6つの新機能: 音声読み上げ、共有、画像使用など
英語だけの機能もあり (Google Japan Blog) 国内情報

グーグルは、よりニーズに適した回答をBardが提供できるように新機能を追加した。

※Bardはグーグルが試験提供しているAIチャットサービス

新機能は次の6つだ:

  • 音声読み上げ
  • 会話の固定と名称変更
  • コードをより多くの場所にエクスポート
  • 回答を友人と共有
  • プロンプトで画像を使用する
  • Bard の回答を素早く調整
※5つ目の「プロンプトで画像を使用する」と6つ目「Bard の回答を素早く調整」は、今のところ英語のみ対応

各新機能の詳細は公式ブログの発表で確認してほしい。

ChatGPTやBingチャットと比較するとBardは、リリース直後は、機能的・性能的に見劣りする部分も多かった。しかし、その後かなり洗練されてきた。今後の改良にも期待が持てる。

★★★☆☆
  • AIチャットを極めたい人だけ

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

グーグル社員が推奨するドメイン名の選び方と、グーグル検索のAI体験の改良に関する記事をピックアップ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PageRankスカルプティング
サイト内の一部のリンクに対してnofollow属性を意図的に指定することで、それ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]