国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

SEO上級者なら必須の知識「HTTPステータスコードを検索エンジンがどう扱うか」【SEO情報まとめ】

あなたは、「グーグルがどのHTTPステータスコードをどう取り扱うか」正しく理解できているだろうか? ちょっとテクニカルだが、必須のSEO知識を確認しておこう

ページ

よろしければこちらもご覧ください

あなたは、「グーグルがどのHTTPステータスコードをどう取り扱うか」正しく理解できているだろうか? ちょっとテクニカルだが、必須のSEO知識を確認しておこう。

今回はほかにもテクニカルな話題を中心に、最新のSEO情報をいろんな角度から集めている。

リダイレクト、FAQリッチリザルト、インデックス、CWV、さらにはトップニュース掲載や手動対策などなど、あなたのSEO知識に厚みを加えるネタをお届けする。

  • リダイレクトには6種類ある! グーグルが推奨するやり方は?
  • 「よくある質問」リッチリザルトのちょっとしたTIPS教えます
  • 新しいページをグーグルに素早くインデックスさせる10のポイント
  • パフォーマンス測定ツールのWebPageTestがコアウェブバイタルに対応
  • グーグル、6月に続いて7月もコア アップデートを実施
  • グーグルにサイトが表示されているか確認するためのチェックリスト
  • nofollowはインデックス防止には使えない
  • これはチャンスかも!? AMPじゃなくてもトップニュースに掲載される
  • 手動対策とポリシー違反の注意点をグーグルが動画で解説
  • コアウェブバイタルを測定するChrome拡張が大幅に機能改良
  • 言語理解の新技術MUMがGoogle検索に初めて適用される、新型コロナワクチン関連の検索で

今週のピックアップ

SEO上級者なら必須の知識「HTTPステータスコードを検索エンジンがどう扱うか」
SEO上級者を目指すなら理解しておきたい (検索セントラル) 国内情報

Google検索に次のような技術が及ぼす影響を解説するドキュメントを、グーグルは検索セントラルサイトに新たに公開した:

  • HTTP ステータス コード
  • ネットワーク エラー
  • DNS エラー

サーバー側の技術的なトピックなので、ちんぷんかんぷんだと感じる人も多いかもしれない。しかし、Web担当者でも教養として知っておいて損はない「HTTPステータス コード」について、少し補足しながら解説しよう。

※「難しい!」と感じた人は、ネットワークやシステムを管理している人にこの情報を共有して、理解しておいてもらうといい。

HTTPステータス コード」とは、ブラウザやクローラがサーバーにリクエストを送信した(≒アクセスした)ときにウェブサーバーが返す応答に含まれる情報だ(正確には「HTTP レスポンス ステータス コード」という)。

「ステータス コード」というぐらいなので、その役割は、要求されたページや画像などの「状態」を表すことだ。状態とは、たとえば「OK」「みつからない」といったものなのだが、HTTPステータスコードはその状態を番号(コード)で表現している。

HTTPステータスコードはサーバーからブラウザなどに送られてくる情報だ。しかしブラウザはページ上にはHTTPステータスコードを表示しない。そのため、HTTPステータスコードを確認するには、Chromeのデベロッパーツールなどを利用する必要がある。

HTTPステータスコード
Chromeのデベロッパーツールの[Network]タブを使えばHTTPステータスコードを調べられる

HTTPステータスコードは、大きく次の5種類に分けられる:

  • 100番台(100~199): 情報を表す
  • 200番台(200~299): 成功を表す
  • 300番台(300~399): リダイレクトを表す
  • 400番台(400~499): クライアント側のエラーを表す
  • 500番台(500~599): サーバー側のエラーを表す
※筆者注: グーグルのドキュメントでは100番台には触れていない

「番台」というのは、下2桁に複数の種類があることを意味する。たとえば、200~299の範囲には「200」「201」「202」など10種類の番号が標準で定義されているのだが、それらをまとめて「200番台」と呼ぶのだ(慣用的に「2xx」と表現することがある)。

HTTPステータスコードは、インターネット(ウェブ)の仕様で定義されている。技術的には番号によって表す意味は異なるのだが、グーグル検索においては各番台はどれも同じように扱われる(一部例外あり)。

たとえば、301と302はどちらもリダイレクトを意味するが、厳密には次のような違いがあり、HTTPステータスコードの仕様に忠実に従うのであれば使い分けるべきだ:

  • 301: 永続的なリダイレクト
  • 302: 一時的なリダイレクト

ところが、グーグル検索においては、最終的には301も302も同じ扱いになる。302を返すリダイレクトであっても、301リダイレクト相当として結局は処理されるのだ(ただし処理が完了するまでの時間は長くなる)。301と302に限らず、3xxはすべて同じ扱いになるというわけだ。

グーグルが公開した技術ドキュメントでは、次のようなことを解説している:

  • Googlebotが受信したHTTPステータスコードで最も多い上位20の意味
  • それらのHTTPステータスコードに対するグーグル検索での扱い

SEO上級者を目指すのであれば、HTTPステータスコードの理解は必須だ。難しく感じるかもしれないが、それでも非常によくまとまっている。入念に読むことを推奨する。

HTTPステータスコードについてさらに詳しく知りたい人は、次に示す公式のドキュメントも参考にするといいだろう:

グーグルの技術ドキュメントでは、あわせて、ネットワーク エラーとDNSエラーに関しても説明している。こちらにも目を通しておこう。

★★★★★
  • ホントにSEOを極めたい人だけ

グーグル検索SEO情報①

リダイレクトには6種類ある! グーグルが推奨するやり方は?
刷新したドキュメントで詳しく説明 (検索セントラル) 国内情報

リダイレクトに関する技術ドキュメントをグーグルが刷新した。

  • リダイレクトの種類
  • グーグルがサポートするリダイレクトの構成

を詳しく説明している。

リダイレクトには、大きく分けて次の2種類がある。

  • 永続的なリダイレクト ―― 検索結果にリダイレクトURLの情報を表示
  • 一時的なリダイレクト ―― 検索結果にリダイレクトURLの情報を表示

それぞれのリダイレクトを実装するための方法は、推奨される順に次のとおりだ:

  • 永続的なリダイレクト
    1. サーバー側のリダイレクト
    2. meta refreshリダイレクト
    3. JavaScriptリダイレクト
    4. Cryptoリダイレクト
  • 一時的なリダイレクト
    1. サーバー側のリダイレクト
    2. meta refreshリダイレクト

※Crypto(クリプト)リダイレクトとは、ページに「サイトを移転しました」のようなメッセージを掲載し、移転先ページのURLにリンクしておく構成だ。実際にはリダイレクトではないのだが、疑似的なリダイレクトとしてグーグルが処理することがある。

各リダイレクトの詳細はドキュメントで確認してほしい。実装する際のコードの例も掲載している。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!
  • 技術がわかる人に伝えましょう

「よくある質問」リッチリザルトのちょっとしたTIPS教えます
2件表示への対応 (Brodie Clark Consulting) 海外情報

グーグルの検索結果ページには、「よくある質問」タイプのリッチリザルトが表示される。このリッチリザルトに関する、ちょっとしたTIPSを紹介する。

TIPSの前にグーグルの動きを解説しておく。というのも、この掲載数が1か月ほど前に2件に減ったのだ。以前は3件以上掲載され、「すべて表示」で展開すればマークアップしているすべての質問とその回答を表示できた。2件表示が最も適切だと判断したための変更とのことである。

よくある質問リッチリザルト
2件表示になったよくある質問のリッチリザルト

さて、検索結果に表示される2件のよくある質問はどのように決まるのだろうか? 言い換えると、検索結果に表示したい質問がある場合、どうすればリッチリザルトとして表示させられるのだろうか。

ほとんどの場合、先頭から1つ目と2つ目が選ばれるとの分析を、ブロディ・クラーク・コンサルティングが公開している

つまり、検索結果でユーザーが興味をもつだろう「よくある質問」は、ページ内で構造化マークアップして掲載するうちの最初の2項目にもってくるのがベストと言えるだろう。必要であれば掲載の順番を変更したほうがいいかもしれない。

なお、よくある質問のリッチリザルトに関しては、次のようなことも知っておくといいだろう:

  • 1ページ内に2つ以上の項目を構造化マークアップしていないとリッチリザルトとして表示されない
  • リッチリザルトは検索結果1ページ目でないと表示されない
★★★★☆
  • よくある質問のリッチリザルトを導入しているすべてのWeb担当者 必見!

新しいページをグーグルに素早くインデックスさせる10のポイント
グーグル社員が直々にアドバイス (#AskGooglebot on YouTube) 海外情報

グーグルのジョン・ミューラー氏が、新しいページのインデックスに関して動画でアドバイスした。

ミューラー氏は、10個のポイントを次の3セクションで解説している:

  • インデックスに関して理解しておくべき基本的なルール
  • 新しいページがインデックスまでにかかる時間の基礎情報
  • 新しいページがインデックスされるまでの時間を短くするための施策

“言うは易し行うは難し”だが、ちゃんと理解したうえで、ミューラー氏のアドバイスに従ってSEOに取り組んでいこう。

インデックスに関して理解しておくべき基本的なルール

  • どんなページでもグーグルがインデックスするとは限らない。

    たとえば「重複コンテンツのページ」「ユーザーの目にまったくとまらないページ」はインデックスされない。

  • いったんインデックスされてもユーザーが検索しなければ、インデックスから削除されることがある。

新しいページがインデックスまでにかかる時間の基礎情報

  • 通常は数時間から数週間。

  • 良いコンテンツであればたいていは1週間以内。

  • 技術的な問題やグーグル側の問題で長くなることもある。

新しいページがインデックスされるまでの時間を短くするための施策

  • サーバーが高負荷にならないようにする。

    サーバーの反応が遅くなるとGooglebotはクロール速度を落としてしまう。

  • 新しいページへの内部リンクを目立つ場所に置く。そうすることで、その新しいページが重要だとグーグルが認識できる。

    たとえば、ECサイトならば、新商品のページにはトップページからリンクする。

  • 不必要なURLを作らない。重要なページをグーグルが見逃してしまうからだ。

    「不必要なURL」とは、たとえば次のようなものだ:

    • 文明が起こった紀元前数千年前まで遡れるようなカレンダー
    • 絞り込みのパラメータがたくさん付いたECサイト
  • 新しいページのURLをグーグルに伝える。

    利用できる手段は次のどちらかだ:

    • サイトマップ ―― 複数のURL用
    • URL検査ツール ―― 単独のURL用
  • 高品質なサイトに保つ。ユーザーの役に立つコンテンツをグーグルは優先してクロール・インデックスする。

★★★★☆
  • すべてのWeb担当者 必見!

パフォーマンス測定ツールのWebPageTestがコアウェブバイタルに対応
PSIよりも高機能 (Rick Viscomi on Twitter) 海外情報

ページの表示速度を計測するツールのWebPageTest(ウェブページテスト)がコア ウェブ バイタルに対応した。

トップページで「Web Vitals」タブを選択し、対象のURLを指定して[Start Test→]で検証を開始する。

WebPageTest

しばらく時間が経つと結果が表示される。

WebPageTest

CLSの値が大きい場合、どこのレイアウトにずれが生じているか赤く示してくれる。

WebPageTest

WebPageTestは非常に多くの指標でページパフォーマンスを検証できるのが特徴だ。検証条件も細かく設定できる。グーグルが提供するパフォーマンス測定ツールのPageSpeed Insightsよりもずっと高機能だ。より多くのデータを取得できる。その分上級者向けではあるのだが、コア ウェブ バイタル改善に徹底的に取り組むなら利用するといい。

ただし、WebPageTestのコア ウェブ バイタルの測定(シミュレーションによるラボデータ)は、米ヴァージニア州からのやや旧式のスマホでの検証になるので、日本のサイトはスコアが悪くなる傾向にあるかもしれない。

気になるようならば、トップページで[Web Vitals]ではなく[Advanced Testing]を選び、測定場所を指定するといい(テスト結果が表示されたら上から2つ目のブロックで[Summary]ではなく[Web Vitals]タブに切り替える必要がある)。

★★★★★
  • CWV改善がんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)
  • 技術がわかる人に伝えましょう

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]