国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

スマホで見られないページは2021年にグーグルから消える!? MFI強制移行で【SEO情報まとめ】

2021年3月以降、あなたのサイトはグーグル検索から消えてしまうかもしれない ―― グーグルが来年以降に予定しているMFIへの強制移行で、スマホからアクセスできないサイトはインデックスされなくなるという

ページ

よろしければこちらもご覧ください

2021年3月以降、あなたのサイトはグーグル検索から消えてしまうかもしれない ―― グーグルが来年以降に予定しているMFIへの強制移行で、スマホからアクセスできないサイトはインデックスされなくなるという。

幸いなことに「スマホ最適化されていないサイト」ではないので、どんな形でもスマホからアクセスできれば消えることはないはずだが、官公庁・自治体などのサイトや、非常に古いサイトなどは状況を確認して対策するほうがいいかもしれない。

ほかにも、今回は特にグーグルSEO関連のネタが多い。SEOに詳しい人向けの情報もあれば、SEOと広報の連携に関するトピック、多国語サイト向けの情報、ローカルSEOの話題などなど、SEOに携わる人なら知っておきたい情報をまとめてお届けする。

  • コアウェブバイタルが悪いページはサイト内の別ページにも悪影響を与えるかも
  • コメントアウトしたURLでもGooglebotはクロールする!?
  • 先にインデックスされた側がコンテンツの所有者とは限らない
  • サイト名を変えたのにグーグルが検索結果に古い名前を表示し続ける! なぜ?
  • meta descriptionを頻繁に変更するとランキングが下がることはあるのか??
  • 翻訳コンテンツを公開するなら、titleタグの翻訳を忘れてはいけない
  • SPAサイトのSEOベストプラクティス
  • SEOと広報の相乗効果をあげるための4つの秘訣
  • GMBスパムのサービスを堂々と販売するYouTuberがいた!
  • Passage IndexingをGoogleが導入。ページ内の特定の部分だけをランキングの対象に。検索結果の 7 %に影響。
  • URL検査ツールのインデックス登録リクエスト機能が一時的に無効に
  • 今週のピックアップ

    スマホで見られないページは2021年にグーグルから消える!? MFI強制移行で?
    2021年3月に完全移行が始まる (サイバーエージェントSEO情報ブログ) 国内情報

    PC以外でアクセスすると

    「このサイトにはPCからアクセスしてください」

    とか、

    「このサイトにはInternet Explorerからアクセスしてください」

    とか出る

    そうしたサイトは、2020年度にはグーグル検索から消える可能性が出てきた。

    グーグル検索でみつからないということは、多くの人に見つけてもらう機会を失うという意味で、ネット上に存在しないも同様な結果となる可能性もある。

    根本的な対策には時間と予算が必要だと思われるので、該当するサイトの関係者は、来年度の予算になんとか対策の費用をねじ込むように動いておくほうがよさそうだ。

    グーグルは、2021年3月末からすべてのサイトをモバイル ファースト インデックス(以下、MFI)に移行する予定だ。

    ※筆者補足: 当初の予定は2020年9月だったが延期した

    ここで問題となるのは、MFIの準備をまだ完了していないサイトだ。強制的な移行なので、準備ができていようがいまいがMFIになる。もし、スマートフォンでアクセスできなければ、インデックスされなくなる。

    筆者補足: 技術的には、モバイル用Googlebotがアクセスできない場合

    今までは、PC向けページにあってモバイル向けページにないコンテンツであっても、条件によっては検索結果に出ることもあったそうだ。しかしMFI完全移行後はモバイル向けページにないものは完全にインデックスの対象外になるらしい。

    オンライン開催されたPubcon(パブコン)カンファレンスでグーグルのジョン・ミューラー氏が発言したこうした内容をサイバーエージェントの木村氏がブログで報告してくれた。

    MFI完全移行後は、次のようなサイトはインデックスから消える可能性が高いと木村氏は指摘している。それが冒頭に紹介したようなサイトであり、タイプとしては次のようなものが多いだろうとしている(具体的なことは、元記事で確認してほしい):

    • 行政の管理しているサイト
    • レガシーな企業サイト
    • PCで操作することが前提となっているサイト

    「え? ウチのサイト、スマホ最適化してないよ」という人もいると思うが、心配しすぎることはない。木村氏も次のように念を押している:

    勘違いしてはいけないのは、SPに最適化していなくてもSPで表示されればindexはされるはずであるということです。

    「スマホ最適化されているかどうか」ではなく、「スマホでアクセスして中身が表示されるかどうか」なのだ。

    スマホからまったくアクセスできないサイトをこのコラムの読者が運営しているとは思わない。それでも、管理サイトがまだMFIに移行していないようであれば、移行準備が整っているかどうかをいまいちど確認しておくことを推奨する。

    公式ドキュメントはこちらだ(日本語ページは最新の情報ではないので英語ページも参照したほうがいい)。

    ★★★★☆
    • 古い設計のサイトのすべてのWeb担当者 必見!

    グーグル検索SEO情報①

    コアウェブバイタルが悪いページはサイト内の別ページにも悪影響を与えるかも
    類似ページの状況から類推するため (Google SEO office-hours) 海外情報

    コアウェブバイタル(CWV)は、思ったよりもしっかりと意識して対応しておくのがよさそうだ。というのも、グーグルのジョン・ミューラー氏が次のように発言していたからだ:

    コアウェブバイタルの評価はページ単位だが、評価が悪いページがサイト内の他のページにも悪影響を及ぼすことがあるかもしれない

    コアウェブバイタルは「ユーザーのページ訪問体験」を測る新しい指標で、来年のどこかのタイミングでグーグル検索のランキング要因になる予定だ。冒頭で紹介した発言は、コアウェブバイタルに関して、英語版オフィスアワーでミューラー氏がコメントした内容だ。

    グーグルは2018年にページ表示速度をモバイル検索のランキング要因とする「スピードアップデート」を導入したが、前評判ほど大きな影響はなかった。ページ表示が極端に遅いページだけが対象だったからだ。

    そのため「コアウェブバイタルの導入も同様なものだろうから、あまり気にしすぎる必要はなさそうだ」という雰囲気もあったのだが、今回の情報で少し雲行きが変わってきた。

    ランキング要因としてのコアウェブバイタルは、Chromeユーザーエクスペリエンス レポートがもとになる。これは、ページを実際に訪問したChromeユーザーのデータだ。特定の条件で計測したものではないので価値が高いのだが、弱点もある。Chromeユーザーのデータが十分に集まっていないページに関しては、コアウェブバイタルを適切に評価できないのだ。たとえば次のようなページがそうだ:

    • 新たに公開したばかりのページ
    • アクセスがほとんどないページ

    こうしたケースでは、そのサイトの総合的なコアウェブバイタルから推測してデータがないページのコアウェブバイタルを評価することがありうる。コアウェブバイタルが悪いページばかりのサイトであれば、本当は悪くないページも同類扱いされる可能性があるということだ。

    少し脅したが、とはいえそこまで神経質になることはない。というのも、こうしたデータの扱いに関してミューラー氏は次のように言っているのだ:

    サブディレクトリやサブドメインの範囲で類似ページをまとめるだろう。

    例で解説しよう。次のような状況を考えて見てほしい。

    サイト内に「情報ページ」と「掲示板」があり、掲示板は /bbs というディレクトリで URL を分けている。

    情報ページはモダンで閲覧も快適であり、コアウェブバイタルの数値は良好。

    掲示板のシステムが古くて表示が遅かったり閲覧中にレイアウトがずれたりするので、コアウェブバイタルの数値が悪い。

    Chromeユーザーエクスペリエンスレポートのデータが足りないページがこのサイト内にあった場合、どう判断されるだろうか。

    そのページが掲示板にある(/bbs 以下のディレクトリにある)場合、そのページも他の掲示板ページと同様にコアウェブバイタルが悪い可能性が高いとグーグルは判断するかもしれないのだ。

    一方で、そのページが情報ページのグループだった場合、他の情報ページと同様にコアウェブバイタルが良い可能性が高いとグーグルは判断するかもしれない。

    グーグルはなるべく細かな粒度でコアウェブバイタルを判定しようと試みるようだ。この点は安心だ。

    ★★★☆☆
    • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

    コメントアウトしたURLでもGooglebotはクロールする!?
    URL発見の目的で使うらしい (Martin Splitte on Twitter) 海外情報

    ページのHTML内にHTMLコメントの状態でURLが含まれている場合、発見の目的でGooglebotはそのURLを利用することがあるそうだ。

    ここで言う「コメント」は、ユーザーが投稿するコメントではなく、HTMLコメントのことだ。HTML内にある「<!--」から「-->」までの内容はブラウザが(原則として)処理しない仕様であり、開発者や制作者がメモのように使うことがある。

    たとえば、次のようなものだ。

    
    <p>特集記事一覧:</p>
    <ul>
    <li><a href="/special/1">1記事目</a></li>
    <li><a href="/special/2">2記事目</a></li>
    <!-- アップ済みだけど11月から広告打ってドーンと話題にするのでリンクはまだ出さない -->
    <!--
    <li><a href="/special/3">3記事目</a></li>
    -->
    </ul>
    

    HTMLコメント内のものはブラウザには表示されないが、HTMLファイルには存在している。グーグルは、そうした情報もクロール対象を探すために利用しているということだ。

    ただし、ランキング目的では使わない。クロールの対象にするURLを見つける目的でのみ利用する。またコメントアウトされたJavaScriptファイルを実行することもなさそうだ。

    通常は気にする必要はないだろうが、クロールしてほしくないURLをコメントに書き込む場合は注意しよう。自動的にHTMLコメントを削除する機能がCMSにあるのならば、HTMLのファイルサイズ削減も兼ねて有効化しておくといいだろう。

    ★★★☆☆
    • ホントにSEOを極めたい人だけ
    • 念のためHTMLコーダーに伝えましょう

    先にインデックスされた側がコンテンツの所有者とは限らない
    良くも悪くもある (John on Twitter) 海外情報

    グーグルのジョン・ミューラー氏によれば、最初にインデックスしたことだけを理由に、そのページがオリジナルだとグーグルが認識するとは限らないそうだ。たとえば、巧妙で技術的に精通したスパマーが無断でコピーして、オリジナルよりも早くインデックスさせることもありうるからだ。

    同じコンテンツのページが複数ある場合は、通常は、どれか1つだけを代表ページとして検索結果にグーグルは表示するようにする。代表に選ぶ基準の1つはどれが先にインデックスされたかだ。だが先着順ではない。さまざまな要因を考慮に入れてグーグルは代表ページを決定する。

    コンテンツのオリジナル作成者としては真っ先にインデックスしてもらい、自分がコンテンツ所有者だとグーグルにアピールしたい。しかし、何らかの事情で複製側に先を越されてしまったときのことを考えると、インデックスの順番だけで代表が決まらないのは助かるとも言える。良くも悪くもあり、ジレンマだ。

    さらに言うと、同じコンテンツがネット上にある場合に、必ずしもオリジナルのサイトが検索結果ページに表示されとは限らない。ミューラー氏のツイートにもあるように、グーグルが代表ページを選ぶ際には「オリジナルかどうか」だけでなく「検索ユーザーにとって良いコンテンツか」も判断基準だからだ。

    たとえば、次のような場合を考えてみてほしい:

    オリジナルのページパクりページ
    モバイル対応しておらず、スマホでは非常に見づらいモバイルにもバッチリ対応していて、スマホで読みやすい
    ページ内に広告がたくさんあり、表示も遅いしレイアウトのズレが頻繁に発生するコンテンツだけを読みやすく表示しており、表示も早い
    ページ表示時にキャンペーンのオーバーレイ表示やポップアップが表示されるコンテンツ閲覧を妨げることはしない
    ほとんど知られておらず、他ドメイン名からのリンクもない大人気サイトに掲載されていて、多くのドメイン名からリンクを集めている

    あなたがグーグルだったら、どちらを代表ページにするのが検索ユーザーにとって良い検索結果になると判断するだろうか。

    インデックスのタイミングだけでなく、検索からサイト訪問、そしてその後まで含めて、ユーザーとって良い体験となるようにサイトを運営しておくことが大切だろう。

    ★★★☆☆
    • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

    サイト名を変えたのにグーグルが検索結果に古い名前を表示し続ける! なぜ?
    みんなが使っているから (Gary Illyes on Twitter) 海外情報

    グーグルのゲイリー・イリェーシュ氏が、こんな架空の会話をツイッターに投稿していた。

    ビジネス(の運営者): ビジネス名称を「甲」から「乙」に変更しました。これからは私たちのことを「乙」とお呼びください。

    多くの人: しばらくは(以前の名称の)「甲」と呼ぶでしょう、私たちは人間ですからね。

    (1週間後)

    ビジネス: どうしてグーグルはいまだに私たちのことを「甲」と呼ぶのだろうか?

    グーグル: 多くの人があなたことをそう呼んでいるからです。

    イリェーシュ氏が何のことを言っているかおわかりだろうか?

    • 社名
    • 店名
    • サービス名

    の変更にともないサイト名を変更することがある。ところが、変更したにもかかわらず変更前のサイト名が検索結果に表示されることがある(グーグルがタイトルタグを勝手に変える現象)。以前の名称で検索しないと検索結果の上位に出てこない場合もあるだろう。

    なぜこういうことが起きるのかをイリェーシュ氏は説明しているようだ。その理由とは、「そのほうが検索ユーザーにとってわかりやすいから」というもののようだ。

    サイトの名称が変わったとしても、新しい名称がすぐに世間に認知されるわけではない。しばらくの間は、多くのユーザーが認識している名称は以前のもののままだろう。だから昔の名前をグーグルは検索結果に表示するのだ。

    ビジネス側としてはやっかいなのだが、ユーザーのために旧名称をグーグルは優先している。新名称の認知が広まれば、やがてはその名称を検索結果に表示するようになるだろう。

    サイト名を変更した場合は、その新しい名前がウェブで言及されるような取り組みが必要かもしれない。そういった意味では、SEO担当者が役員に文句を言われないようにするために、広報チームとうまく連携する必要もありそうだ。

    ★★★★☆
    • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

    ページ

    この記事が役に立ったらシェア!
    よろしければこちらもご覧ください
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    キーワード注目度
    キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]