国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

グーグルの“サイトリンク”をコントロールする方法、教えます など10+4記事

グーグルからペナルティを受けないための注意点、低品質ページをインデックスから削除する4つの方法などなど

ページ

今週のピックアップ

グーグルの“サイトリンク”をコントロールする方法、教えます
★★★★☆ 削除リクエストが効かない!? (hinishi.com)

サイトリンクに、表示したいページが出るようにして、表示したくないページが出ないようにする方法」を、so.la社の日西氏が解説している。

サイト名や会社名など特定のサイトを指し示すキーワードで検索した場合(SEO用語では、「ナビゲーショナルクエリ」と呼ぶ)に、そのサイトのなかのページヘのショートカットリンクが表示される。

「サイトリンク」と呼ばれる機能だ。

Web担のサイトに表示されるサイトリンク

サイトリンクに表示されるリンクはアルゴリズムによって自動化されているため、「このページをサイトリンクに出す」というように指定することはできない。ただし、表示したくないリンクを「このページはサイトリンクに出さない」と指定することはできる。ウェブマスターツールで「サイトリンクの順位を下げる」指定をするのだ。

ところが、サイトリンクの順位を下げるリクエストしても反映されないケースが増えているらしい。そうした状況をサイトリンクの作られ方とともに分析し、解説しているのが元記事だ。

といっても、サイトリンクはやはり完全に制御できるわけではなく、「ある程度の制御方法」なのだが、自サイトのサイトリンクに不満があるウェブ担当者は、大いに参考になるだろう。

日本語で読めるSEO/SEM情報

グーグルからペナルティを受けないための6つの注意点
★★★☆☆ 当たり前のことだからこそ押さえておこう (WEB戦略ラウンドナップ)

グーグルによるペナルティを受けないようにするために気をつけたい基本を解説した記事。

次の6つの項目について注意するように促している。

  • リンクを買ったりスワッピング(交換)してはならない
  • 検索エンジンのためにコンテンツを作るな
  • スパミーなサイトや記事にはリンクするな
  • 他人に自分のサイトでコンテンツを書かせるなら要注意
  • 運用は大変…なので狙われた
  • 人のコンテンツをコピーしたりスクラップしてはいけない
  • キーワードの詰め込みや隠しテキストはやめよう

なお項目のアイデアは海外のSEOブログを参考にしているが、内容は記事執筆者の中山氏オリジナルだ。

タイトルにもあるとおり基本的な項目ばかりだが、自分の理解を確認したり、新人に基本を教えたりするには、よくまとまっている。参考にするといいだろう。

新しいサイトリンク検索ボックスでキーワードの取得は可能か?
★★★☆☆ サイト内検索結果へリダイレクトしているなら可能 (グーグル ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラム)

新しくなったサイトリンク検索ボックスが、実際の検索結果に導入された。

では、グーグルの検索結果でサイト内検索が実行された際に、その検索キーワードはアクセス解析ツールで取得できるのだろうか。そうした質問が公式ヘルプフォーラムに投稿された。筆者も回答したのだが、あなたも興味を持つであろうと思ったので紹介する。

私のサイトの検索結果に、「サイトリンクの検索ボックス」が表示されるようになりました。
まだ「サイトにマークアップを実装」はしていません。

今までは私のサイトユーザーは、私のサイト上でサイト内検索をしてくれていた場合は、検索キーワード(クエリー)がなんとか取れていたのですが・・・
ユーザーが、Google上で、「サイトリンクの検索ボックス」を使ってしまうと、[site:検索ワード]でGoogle上で検索されてしまうため、検索キーワード(クエリー)が取れなくなり、各種解析ソフト上で「Not provided」となってしまうという理解でよろしいでしょうか?

「サイトにマークアップを実装すると、ユーザーはサイトリンク検索ボックスから直接、サイトの検索結果ページにジャンプできるようになります。」という記述からすると、「サイトにマークアップを実装」すれば、私のサイト内検索結果となり、検索キーワード(クエリー)が取れそうですが・・・

質問者の理解は正しい。実際には次の2パターンがある。

「site:」を使ったサイト内検索がグーグル検索で実行され、その結果をクリックしてユーザーがサイトに訪問したのならば、そのキーワードは取得できない。Googleアナリティクスなら (not provided) になる。

サイトにschema.orgのマークアップを加えていなければ、ほぼこのパターンになると考えていい。

一方で、schema.orgでマークアップし自サイトのサイト内検索結果にリダイレクトできているのならば、キーワードの取得は可能だ。グーグルは、サイト内検索のシステム(schema.orgのマークアップで指定したURL)にそのキーワードを渡すからだ。

もちろんそのキーワードは、グーグルの自然検索からのトラフィックではなくサイト内検索としてレポートされる。

ただしその場合でも、サイト内検索の1つ前の、グーグルで(サイトリンク検索ボックス付きの)検索結果を表示するときに使われた検索キーワードは、(not provided)となり、やはり取得できない。

アメブロはビジネスに向き? 不向き?
★★★☆☆ オウンドメディア用なら不向きだろうか (iBound)

仕事のためのブログとして自分がアメーバブログ(以下、アメブロ)を選ばないことを説明した記事。

「アメブロはダメだ」とアメブロを否定はしていないが、次の5つの理由から、自分だったらアメブロをビジネス用途としては使わないと言っている。

  • 決定権が自社にない
  • SEOで自らハンディを背負っている
  • 見出しタグが使えない
  • 記事ページのURLを決められない
  • アクセス解析の数値が信用に欠ける

記事著者があらかじめ断っているように、目的によって選択すればいいことだ。

簡単に始められて、アメブロに親しんでいるユーザーとコミュニケーションを取りやすいという点を重視するのならば、アメブロを使うほうが良いということもあるだろう。

とはいえ、アメブロが柔軟性に欠けることは確かだし、いわゆる“オウンドメディア”と位置づけて自社独自の情報発信ツールとしてブログを最大限に活用するのであれば、独自ドメイン・独自サーバーで運用すべきだとは、筆者も思う。

ちなみにアメブロのSEO責任者は全身全霊を捧げて奮闘しているので、標準状態でSEOに適した構成にアメブロがなっていくことには期待したい。

日本最大SEOイベントのレポート記事まとめ
★★★★★ グーグル社員が4人も登場 (CSS Nite公式サイト)

2014年9月20日(土)ベルサール神田 イベントホールでCSS Nite LP36 powered by In-house SEO Meetup 「ビジネスに活用できる2014年SEOトレンド」が開催された。日本最大のSEOイベントで、300名近くが参加した。

ライブQ&Aセッションに参加したグーグルサーチクオリティチームの社員の方々。左から、長山さん、マリヤさん、田中さん、金谷さん(マリヤさんは、スイスのサーチクオリティチームの方で特別ゲストとして出演)

イベント参加者によるレポートを主催者がまとめている。

「今のSEO」を理解できるインプットがたくさん得られた良いセミナーだったのだが、Web担当者Forumが共催し筆者が講演者として参加しているので、日本語記事コーナーの最後で控えめにピックアップさせていただく。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

新しいサイトリンク検索ボックスの展開とrobots.txtテスターに追加された機能についての記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]