国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

絶対に知っておきたいSEOの基本「3種類の“検索意図”」とは など10+4記事

ほかにも、無限スクロール、404エラー、大規模サイトのドメイン名移転などの情報も。

ページ

今週のピックアップ

絶対に知っておきたいSEOの基本「3種類の“検索意図”」とは
★★★★★ この理解なくしてSEOに成功はない (SEO 検索エンジン最適化)

住太陽氏が、検索ユーザーの“検索意図”を理解することの重要性を説明した。

一般的に、検索クエリは意図によって次の3つに分けられる。

  • 情報や知識を探したい
    (インフォメーショナル・クエリ)
  • 特定のサイトに移動したい
    (ナビゲーショナル・クエリ)
  • 購入や予約など取引したい
    (トランザクショナル・クエリ)

とても重要な概念なのだが、日々精力的にSEOに取り組んでいるウェブ担当者でも知らない人がいるのではないだろうか。これらの理解なしでは、効果的な検索エンジンマーケティングを実行できないと言ってもいい。

検索ユーザーが何を求めて検索しているのか、それによって、どんなコンテンツが適切かは変わってくるし、検索エンジンがどのページを「ぜひ上位に表示したい」と考えるかも変わる。

意図で分類したクエリにはどのような特徴があるのか、それを検索エンジンはどのように扱っているのか、また検索エンジンマーケッターとしてどのように戦略を練っていくべきか、こういった問題に関して住氏の解説は非常に役に立つ。

いつものように、少し長い記事だが、「知っているのと知らないのとでは大きな違い」になる情報が、後半にも含まれている。全文を読んで理解してほしい。

日本語で読めるSEO/SEM情報

グーグルが推奨する「無限スクロール」の構成方法
★★★★☆ そのままでは検索エンジンが扱いづらいので (Google ウェブマスター向け公式ブログ)

ツイッターやフェイスブックのフィード画面などは、下にスクロールしていくと、次々とコンテンツが出現し続けるようになっている。この仕組みを「無限スクロール」(Infinite Scroll)という。ページを移動することなく、言い換えると1つのURLで、見たいだけのコンテンツを見ることができる。

無限スクロールはユーザーにとって使いやすいインターフェイスなのだが、検索エンジンにとってはクロールしづらい構成でもある。

そこでグーグルは、「検索エンジンと相性がいい無限スクロール」のベストプラクティスを、公式ブログで公開した。

グーグルが示した推奨構成を一言で説明すると、「無限スクロールを適用したページとは別に、分割した一連のページを検索エンジン用に提供する」となる。

詳しい構成方法は公式ブログで確認してほしい。デモ用のサイトも準備されている。難易度は決して低いとは言えないだろうが、無限スクロールを採用しておりかつ検索エンジンからのトラフィックを期待したいのであれば、推奨構成に従うといいだろう。

そのコンテンツは本当に必要ですか?
★★★★☆ 目的がないコンテンツは不要 (SEOとその周辺)

SEO施策において、「コンテンツには戦略がなくてはならない」と主張した記事。戦略には次のような要素が含まれるとのこと。

  • コンテンツはビジネスの中でどのような位置づけであるのか?
  • どのようなユーザーを集めたいのか?
  • 集めたユーザーをどのようにコンバージョンにつなげるのか?

それぞれの戦略ついて細かく説明しているが、シンプルに言い換えると「目的を持ってコンテンツを作る」となるだろう。適切なユーザーに来てもらって、ビジネス目的に合致する行動をしてもらうためにコンテンツを作るということだ。

元記事のタイトルでは「捨てることも含めた」とあるが、前述のようなことを明確にしていない(または検討の結果、価値がないと判断された)のであれば、そんなコンテンツはなくてもいい、という意味だととらえるのがいいだろう。

個人の日記ブログであれば、戦略などまったく考えずに自由気ままに書くことができる。しかしビジネスとして運用しているサイトにコンテンツを公開するのであれば、「そのコンテンツは何のために存在するのか」が明確でなければならないというのは、まさしくそのとおりだ。

「検索エンジンに評価されるにはコンテンツが必要だと聞いたから、とりあえずページを増やしました」という考えのもとにコンテンツを作ることがないように気を付けてほしい。

突然増えてきた404エラーは問題ありか? 否認ツール利用後にメッセージが来ないときがあるのはなぜ? などの質問にグーグルが回答
★★☆☆☆ 今回は軽めのハングアウトオンエア (ウェブマスター オフィスアワー on Google+)

グーグル日本のサーチクオリティチームが定期的に開催しているGoogle+でのハングアウト オン エアが、2月19日に行われた。「オフィスアワー」と呼ぶ形式で、一般のウェブマスターからの質問にグーグル社員が答えるカジュアルなスタイルのビデオチャットだ。

前半は、「ウェブマスター向けトラブル シューティング ページ」の紹介と再審査リクエスト送信の制限について説明。再審査リクエストについては、手動による対策を現在受けている人なら、しっかり聞いておくといい。

後半に挙がった質問は次の3つだ。

  • ウェブマスターツールで突然404エラーが増えてきた
  • 否認ツールでファイルをアップロードした後に、メッセージが送られてくる時と送られてこない時がある理由
  • Fetch as Googleでの多くのインデックスを送信しても構わないか

どんな回答をグーグル社員が返してくれたのか、チェックしてみよう。

なお次回のハングアウトオンエアもオフィスアワー形式で、「3月5日 17:00~17:30」の予定だ。

2013年のSEOベストセッション×3
★★★☆☆ 参加していなくてもマテリアルを入手可能 (CSS Nite)

CSS Niteが2013年に主催したイベントのなかからベストセッションが選ばれた。

SEOに関係するセッションが3つある。

  • 「コンテンツ型SEOのススメ。」松尾 茂起 氏(WEBライダー)
    ※松尾氏はベストスピーカーとしての受賞
  • 「SEOを成功させる一覧ページの作り方」辻 正浩 氏(so.la)
  • 「事例で学ぶキーワードとカテゴリ」安川 洋 氏(アユダンテ)

セッションのスライドや音声などをダウンロード可能だ。あなたのサイトのSEO施策にきっと役立つだろう。

またSEO以外にもスマホサイト関連やウェブ解析などウェブサイトの運営に役立つセッションがたくさんある。自分にとって必要そうなものを他にも見つけてほしい。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

ユーザビリティに関する記事とバックリンクに関する記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]