Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SEOでお金を稼ぐ方法は2つだけ? そんなバカな

セス・ゴディン氏の記事「SEOでお金を稼ぐ方法」をさらに深掘り。

セス・ゴディン氏は僕がとても尊敬している人だ。だから、広範なテーマを表面的にしか扱っていない彼の「SEOでお金を稼ぐ方法」という記事を読んで、最初は少々がっかりした。でも、何度かメールをやり取りして納得したよ。これは彼が明確な意図のもとに書いたもので、このテーマに対して多くの人が抱いている考えを、わかりやすい形で示したに過ぎないってことがわかったからね。

で、彼の書いたような記事も悪くはないけど、ご存知の通り、僕は愛するこの仕事を表面的に分析されるのが大嫌いだ。そこで今回は、ゴディン氏の分析を掘り下げて、このテーマをもう少し詳しく(でもわかりやすさを損なわないように)論じてみたいと思う。

ゴディン氏は、SEOを通じて達成できるビジネス戦略として、以下の2つを挙げている。

  1. 人気と競争率の高いキーワードで高い検索順位を獲得し、新規ビジターを自サイトに呼び込む。
  2. 自身がブランド化したキーワードで高い検索順位を獲得し、検索エンジンをブックマーク代わりに利用しているユーザーのトラフィックを呼び込む。

このリストをもう少し拡大したバージョンといえるのが、僕の記事「目的別に見る6つのSEO戦略——ビジネスに合わせて選ぶSEOの目的(前編後編)」だ。でも、今回はあまり話を深く掘り下げたくない。あくまで大局的なレベルで、こんな風にイメージしてみよう。

SEOの適用範囲を示すベン図

ウェブでトラフィックを稼ぐ方法はたくさんあるけど、トラフィック=収入ってわけじゃない。ウェブでお金を稼ぐ方法もたくさんあるけど、こっちはほぼすべてトラフィックの獲得がものを言う。

で、この2つが出合うところには、必ずSEOの出番があるんだ。コンバージョンが見込めるビジターを直接呼び込むこともできるし、トラフィックを増やすことで先々の売上につなげることもできるからね。

SEOは、オンラインビジネスのあらゆる局面で役に立つと言ってもいい。たとえば購買サイクルではこうだ。

購買サイクルの各段階にSEOはどう影響するか
段階プロセスクエリの例
ニーズの認識ユーザーは自分のニーズを満たしてくれるコンテンツ/サービス/商品を探すため、一般的なキーワードや有名なブランド名を使って検索する。
  • 紳士用腕時計
  • 蛇口 修理
  • 会計監査
  • アイスランド 日帰り観光
選択肢の拡大ユーザーはニーズの認識段階で見つけた候補以外にも選択肢がないか、さらに検索する。
  • 最高の紳士用腕時計ブランド
  • シアトル 金物店
  • 監査事務所
  • アイスランド 滝 ツアー
リスクの軽減ユーザーは選択に間違いがないことを確かめるため、暫定的に選んだブランド/商品の関連語句を使って検索する。
  • スカーゲン 腕時計 品質
  • ハードウィックス 評価
  • デロイト 評価
  • グレイライン アイスランド
決定ユーザーは選んだものを購入できるサイトや店舗を見つけるため、そこにつながりそうな語句を使って検索する。
  • skagen.com
  • ハードウィックス 営業時間
  • デロイト トウシュ
  • グレイライン レイキャビク
情報の補足ユーザーは追加情報、詳細、サポート情報などを探すため、商品やその購入に関連した語句を使って検索する。
  • スカーゲン 標準保証
  • ハードウィックス 電話番号
  • デロイト 監査部門
  • グレイライン カスタマーサービス
※Web担編注
  • スカーゲン:デンマークの腕時計ブランド
  • ハードウィックス:シアトルにある金物販売店
  • デロイト トウシュ:世界的な監査法人ネットワーク
  • グレイラインアイスランド:アイスランドの観光会社

ブランド構築や広報の分野ではこうなる。

情報の発見から検索を経て調査へ

そして、僕らがウェブ上で行うソーシャル活動ではこんな感じだ。

ソーシャル活動と検索

インターネットは世の中の動きを変えた。そしてこの変化は、インターネットの普及と利用が急拡大を続けるのに伴って、ますます加速している。マクロとミクロ、両レベルの経済活動で行われている営利行為で、ウェブ検索の影響を間接的にも直接的にも受けていないものは減る一方だ。

ここからわかるのは、人々が意思決定の材料に検索エンジンを活用しているのなら、企業が人々の行動を自分たちの望む方向に変えるためのマーケティング戦略として、SEOは有効だってことだ。

検索エンジン最適化は、今のところ一般的に広く受け入れられているものではないかもしれない。だけど、そうなるのも時間の問題だ。あるいは、何かほかの新技術が検索に取って代わる可能性もあるけど、僕が思うに、まだそこまでの段階には達していない。だから、SEOを利用してお金を稼ぐ方法が2つしかないなんてことはない――可能性としては、オンラインでお金を稼ぐ方法と同じ数だけ存在するはずだ。

追伸:アーロン・ウォール氏によるゴディン氏の記事の検証(ほとんどのSEO戦略はホームランを狙っていない)も読んでみてほしい。ゴディン氏がいいコメントを残してるから、それもね。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]