サイトの遅さを許容できない層が4割、米コンピュウェアによるサイトのパフォーマンス調査

ユーザーはパフォーマンスが悪いと同業他社サイトに移動しビジネスに悪影響も
よろしければこちらもご覧ください

ITソリューションの日本コンピュウェアは、米国本社のコンピュウェアがまとめたウェブサイトのパフォーマンスに関する調査結果を2月17日発表した。ユーザーはトラフィックがピークになる時間帯のサイトのパフォーマンス悪化に不満を持ち、この問題を許容できないとする増が4割近くに達していた。サイトのパフォーマンスの悪さがビジネスに与える悪影響も浮き彫りになった。

約90%のユーザーが、トラフィックのピーク時であるかないかに関わらず、常に快適なウェブサイトの動作を望み、ウェブサイトのパフォーマンスの問題が耐えられないとするユーザーは37%と、2009年の29%から増加していた。ビジネスへの影響では、パフォーマンスの悪さを体験したユーザーの4分3が同業他社のサイトに移動し、ユーザーの86%は同じサイトを訪問しなくなる傾向があった。

日本コンピュウェア
http://jp.compuware.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]