コメント投稿

>大人の企業なら利害関係者に挨拶するのは当然かと。商売人として。

利害関係者がパートナー企業であればそうしますし、現実にGoogleの日本法人も挨拶してますよ。

>「アメリカ流」が世界のスタンダードとすることに私は首をひねりますし、出版社不要論も出版社をグーグルに置き換えれば同じコトかと。

これは、
「グーグルの図書館プロジェクト」
「アメリカの原告によるクラスアクション」
「ベルヌ条約による外国の著作権保護案が日本にも影響する」
の3つの独立な事象を混同してますね。

出版社不要論は出版社をグーグルに置き換えることはできませんよ。
基本的に出版社が頒布しているのは流通本、グーグルがしようとしているのは絶版本+一部の流通本ですから。
すくなくとも、出版社が読みたい読者に絶版本へアクセスする機会を与えて初めて、対等に置き換えることができます。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]