コメント投稿

山本さんの目論見、期待し心の中で応援しております。
そしてご意見ありがとうございます。

ただ極端な例を中心に論を展開されても同意はできず、月額のリース料や途中解約といった諸条件など先方の「提示」に過ぎず、ぞれを自社に有利に変更させるのが「交渉」と考えるのも経営の仕事ではないでしょうか。
それと極端に安すぎるものを警戒するのは猜疑心の仕業です。

そしてお言葉をしっかり返しますが、システムに対して高い安いではなく「儲かる(役立つ)か否か」のほうが重要で、この点からの説明が客に伝われば、それが100万であるか1億であるかは問題ではなく、100億の投資が110億となればラッキーと小躍りして導入するでしょう。時節柄銀行が貸してくれればですが。

最後にひとつ。

>サーバーやパソコンが売れなくなって困る、というのは供給者側の勝手な理屈です。

その通りです。それはクラウドも同じ。
安ければ性能が良ければいいだろう!
消費行動はそんなに単純じゃないというのが私の信念。
だから客が愛しくて仕事は楽しいのです。

ただ、風が吹けば桶屋が儲かる式に所有欲求が市場を席巻する方が景気にはプラスだと考えます。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]