コメント投稿

BtoBマーケティングのプロが語る!「良い提案をもらうためのRFP作成のポイント」【マーケの強化書セミナー準備会議】

BtoBマーケティングのプロが語る!「良い提案をもらうためのRFP作成のポイント」【マーケの強化書セミナー準備会議】
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

良い提案のために、RFPには「本質的課題」を含めるべき

今回は、ウェブサイト開発における提案の受け方について話をしていきたいのですが、RFP(提案依頼書)について、みなさんはどうお考えですか。変な質問ですが、RFPって重要でしょうか?

もちろん、RFPは出してもらったほうがいいです。ですが、通り一遍のRFPなら無くても提案できるのも事実だったりしますね。

RFPを出していただける企業が増えましたが、依頼先がそのRFPに縛られてしまい意図した提案がもらえないという状態に陥ってしまっている企業も多いように思います。

RFPを外形的に勉強された場合に多いですね。よくある「こうあるべきRFP」は、こうしたい、こうなりたい、長期ビジョンや 予算を明確に、判断基準を明確にと本やセミナーで教えていますが、実践的でないことが多いです。

では、よいRFPってどんなものでしょうか。

 

続きは、こちらからご覧いただけます。

 

 

よろしければこちらもご覧ください
030
030
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル