【英語サイト制作】貴社のWebサイト、英語版は大丈夫ですか?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


http://maxpixel.freegreatpicture.com/Contest-Compare-Competitive-Compete...

貴社のWebサイトが何百万の来訪者の興味をひき、お問い合わせや発注が圧倒的に増加するとしたら、そのWeb制作は大成功と言えます。しかし、残念ながら期待に通りでなかった場合にはヒューリスティック評価が必要かもしれません。

 

企業の英語版Webサイトを評価するための方法は数多くあります。例えば、社内で調査することもできるでしょうが、そこでの評価結果と推奨は専門性や客観性に欠けたものになってしまいがちです。また、日本人Webチームに相談することもできますが、英語圏のネイティブが持っている文化的視点については見落す結果となるでしょう。ターゲットとなる顧客層がどのようにWebサイトを利用しているか、ユーザビリティ調査を行うこともできますが、それでは費用と時間がかかりすぎてしまいます。

 

ヒューリスティック評価法は、

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l003_201804.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]