無料はどこまで?Googleマップの課金範囲

よろしければこちらもご覧ください

あなたのWebサイトには、Googleマップが使用されていますか?
簡単にサイトに地図が掲載できる便利なサービスで、多くのサイトで見かけられますね。
このGoogle Mapをサイトに掲載する場合に、有料になる利用内容と無料で使える利用内容があるのはご存知でしょうか。

 

Google Mapは、API(API: Application Programming Interface)を使用することで、Google Mapの機能をカスタマイズしてサイトに設置することができます。

 

2018年6月11日、Google MapのAPIを提供しているGoogle Maps APIがGoogle Maps Platformにアップデートされました。それに伴い、料金体系が変更され、APIを利用している場合の無料の範囲は28,500回/月(動的な地図の場合)と大幅に減少しました。改訂前の無料範囲は、「1日あたりの地図の読み込みが25,000回までは無料」ですので、およそ以前の30分の1のアクセスでも有料になることになったのです。

サイトの1ページに地図を表示していたとすると、1日あたりおよそ930回以上アクセスがあると、それ以上は有料になってしまう計算です。大勢のユーザーが訪れていたり、複数ページに地図が掲載されていたりすると、超えてしまいそうな数字ですね。

 

しかし、Google Mapsサイト内から埋め込み用コードを取得してiframeとして埋め込むことで、APIを利用しなくても地図をサイトに掲載することが可能です。この方法ではカスタマイズ性が低く、例えばMapのカラーを変更したり、マーカーを変更したりといった大きな変更は出来ません。それでは、変更できる箇所は...

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w003_201901.html

 

8b5c6a43c12ceeea8b4844a8fe15efc8_s.jpg

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

汎用JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。 「ドメ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]