英語学習+外国語コンプレックス<ポストエディティング

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトやカタログの制作で英語版が必要となった場合、翻訳会社におまかせで依頼していませんか?

機械翻訳が進化していてアプリを介して翻訳や通訳ができてしまいます。
すでに利用しているという人もいるのではないでしょうか。この機械翻訳を上手に利用しない手はないのでは?
そうした考えにピッタリな方法が、ポストエディティングです。
難しい翻訳は機械におまかせして、自分好みに合わせて文章を仕上げていくというものです。
人の手が加わるので、機械だけに頼った可笑しな文章にもならず、かつコストも抑えられるので、一石二鳥といってもいいかもしれません。

「どれだけ楽になるの?」と誰しもが思うとおり、近い将来、翻訳は英語ができるスゴイ人だけの特技や能力ではなく、ガジェットを介して意識せずにできてしまうことでしょう。楽になったことすら感じず、無意識で翻訳されると言われています。

機械翻訳もネットで検索してみれば一目瞭然なとおり、様々なものが世の中に出回っています。
TOEIC900点台の人と同等というものも中にはあり、

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201901.html
 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]