【必見】Webサイトのアクセスランキングを比較すると見えてきたこと

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさんは、Alexa http://www.alexa.com/ というサイトをご存知でしょうか?
アメリカのSEO・マーケティングリサーチサイトで、世界中のWebサイトのアクセスランキングが閲覧できます。各国のランキングを比較してみると、その国独自の文化や習慣のようなものが浮かび上がってきて、なかなか興味深い結果が得られたのでご紹介します。

今回は日本、中国、香港、台湾、韓国の5カ国をピックアップし、比較しました。こちらの図表は、各国のアクセスランキングの20位までをカテゴリーごとに色分けしたものです。

1

考察結果

東アジアはポータルサイトが豊富

今回調査した5カ国では、Yahoo!のようなポータルサイトがアクセスを多く集めており、その種類も豊富です。しかしその中で日本だけ、ユーザーの多くがポータルサイトで情報を得るためか、新聞社などのニュース専門サイトのランクインがほとんどないという点が近隣諸国と大きく異なっています。日本ではTwitterなどのSNSから...

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w006_201708.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]