AWSではじめよう、ネットワークの世界 > 第4回 ELBは、とってもお安いロードバランサ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 AWSではじめよう、ネットワークの世界 > 第4回 ELBは、とってもお安いロードバランサ」を公開しました。

こんにちは、おひさしぶりです、もしくははじめまして。津村です。
夏といえば海に山に田舎に、行く所は沢山ありますよね。そしてお子さんの夏休みやご自宅のサーバの負荷も相まって、エアコンの電気代が上がる季節でもあります。
最近では法令の緩和もあり、スマホから制御できるエアコンも発売されてきています。いずれIoTの一環として、DIY感覚でエアコンをコントロールできる日が来るかもしれませんね。

1. 沢山の負荷を捌くには必須の『ロードバランサ』
さて、第2回『OSI階層モデルをマスターして、通信を理解しよう!』では、OSI階層モデルで言う所のレイヤー4とレイヤー7に「ロードバランサ」という機器があり、AWSではELB(Elastic Load Balancer)が該当する事を簡単にお伝えしました。今回は、ELBを例にロードバランサについて掘り下げてみたいと思います。

1.1. ロードバランサは、大量の負荷を分散する機器
例えば、構築・運用するシステムが、どうしても止まってほしくないサイトである場合や、もしくはサーバ1台ではとても賄うことができない負荷を処理しなければいけない時、ロードバランサを使うことになります。

fig01

上記はコラム第1回からの引用ですが、上記でいう「LB1」「LB2」のようにロードバランサを配置し、従来から止まらない(止まりづらい)インフラを作ってきました。

1.2. ロードバランサの種類と製品
元々はハードウェアアプライアンスでしたが、後にオープンソースのリバースプロキシやL4スイッチ、そして昨今のクラウド化によりELBといったベーシックなロードバランサが標準提供されるケースも増えました。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/tsumura/tsumura04.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]