イーツが企業向け専有ホスティングでスペックを強化した「快得サーバNeo」提供開始

共有ファイヤーウォールとロードバランサー、L2スイッチを冗長化して可用性高める
よろしければこちらもご覧ください

ハウジング・ホスティングサービスのイーツは、企業向け専有ホスティングサービス「快得サーバ」のラインナップに、スペックを強化した「快得サーバNeo」を追加して3月25日提供開始した、と同日発表した。快得サーバNeoは、共有のファイヤーウォールとロードバランサー、L2スイッチを完全に冗長化して可用性を高め、サーバ本体のハードディスクはRAID1を標準にした。マネージドサービスも含み、24時間365日の有人監視運用でさまざまな企業ニーズ応えるという。

CPUはクアッドコアXeon5404 2.0GHz、メモリは標準1GB、ハードディスク73GB×2(RAID1)、OSはRedhat Enterprise LinuxかMicrosoft Windows Server。標準マネージドサービスは、サーバ死活監視、http、https、sshのポート監視、単純再起動サービスなど。初期費用7万5000円(税別)、月額12万5000円(同)。納期は標準仕様で4営業日、最低利用期間は1ヵ月。

イーツ
http://www.i2ts.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]