コメント投稿

IMJ、チャットボットがLINEのトーク内で案内する「チャットBOTガイドサービス」提供開始

企業側のニーズと生活者側のニーズに応えるサービスとしてサービス提供
よろしければこちらもご覧ください

Webインテグレーション事業のアイ・エム・ジェイ(IMJ)は、コミュニケーションアプリ「LINE」上で街なかのBeacon端末の信号と連動してユーザーとコミュニケーションする「LINE Beacon」を活用し、商業施設やイベント会場などにいるユーザーとLINEのトーク画面上で会話しながら便利な情報をガイドし、体験を提供する「チャットBOTガイドサービス」の提供を開始した、と3月23日発表した。IMJは、店舗や施設を訪れた生活者と1to1でつながれる仕組みがほしい企業側のニーズと、知りたい情報を探さずに手に入れたい生活者側のニーズに応えるサービスとしてチャットBOTサービスを提供することにした。

チャットBOTガイドサービスは、LINE BeaconとLINEのMessaging APIに対応した対話型サービスで、ビーコンを受信したユーザーとLINE公式アカウント上でBOTを通じて会話しながらユーザーをガイドする。コミュニケーションは、その場にいる人とビーコン技術でスマートフォンにPUSH通知し、スタートする。個別のアプリを構築したり、ダウンロードすることなく、LINEを活用することでシームレスにCRMへの誘導が可能となる。ユーザーにはトーク画面でトークしながら情報を提供するため、負荷をかけることがない。オフラインの行動と合わせたデータ取得ができるので、マーケティングやサービス向上に活用することができる。

よろしければこちらもご覧ください
4110
4110
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル