LINEがスマートフォン調査「LINEリサーチ」で位置連動型リアルタイム「ビーコン調査」開始

「LINE Beacon」を利用、その場のユーザーに限定してLINEアプリにアンケートを配信
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」で、位置連動型リアルタイム調査「ビーコン調査」の提供を始めた、と11月22日発表した。街中に設置したビーコン端末からの信号情報と連動してコミュニケーションアプリ「LINE」上でユーザーとコミュニケーションできるサービス「LINE Beacon」を利用する。

ビーコンは街頭や店舗に設けた微弱な信号を発信する機器を指し、位置情報に応じたメッセージがスマートフォンに配信可能。ビーコン調査はイベント会場や店舗、街頭広告、交通機関などにビーコン端末を取り付け、その場のユーザーに限定してLINEアプリにアンケートを配信する。専用アプリ不要で容易に参加できることが利点となる。

 

 

 

 

 

ビーコン調査で企業は、イベント会場や店舗の好意度、認知の経路、来場・購入の意向理由が分かり、広告の認知度や利用経験、好意度、利用意向などの効果も把握できる。ビーコン調査は位置連動型のため、回答者がその場にいることを前提にした質問項目が設けられるうえ、その場の回答によってリアルタイム性の高い結果が得られる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]