プレイドが「KARTE for LINE」を開始、LINEの法人向け「LINE公式アカウント」と連携

サイトやアプリの閲覧・購買行動やアンケート回答に応じて配信メッセージが設定可能

顧客体験(CX)プラットフォーム事業のプレイドは、同社の同プラットフォーム「KARTE」の新ソリューション「KARTE for LINE」の提供を始める、と3月1日発表した。LINEが展開する法人向けサービス「LINE公式アカウント」と連携。サイトやアプリの閲覧・購買行動やアンケートの回答に応じて配信メッセージが設定できる。

KARTEは、サイトやアプリを利用する顧客の行動をリアルタイムに解析し、それぞれに合ったコミュニケーションを可能にするCXプラットフォーム。これまでもLINEとは連携できたが、LINEが2018年12月から進める法人向けアカウントとサービスの刷新「Redesign(リデザイン)」に対応。KARTE for LINEとして新たに提供する。

 

特定ページの閲覧やカートに入れた商品画像など、ユーザー固有の情報に基づいてメッセージ配信可能。内容やタイミングでパーソナライズしたコミュニケーションを実現する。ビーコン(街頭や店舗に設置された微弱な信号を発信する機器)から周辺ユーザーにクーポンなどが送付できるサービス「LINE Beacon」とも連携する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]