リアル行動データプラットフォーム「Tangerine nearME」がメッセージング管理と連携

Tangerine、DACの「DialogOne」と、ユーザーのオフライン行動可視化策が容易に可能
よろしければこちらもご覧ください

位置情報広告事業のTangerineは、同社のリアル行動データプラットフォーム「Tangerine nearME」と、インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)のメッセージング管理ソリューション「DialogOne」が連携した、と12月10日発表した。DialogOne導入企業はビーコンを活用する施策が容易になる。

ビーコンは微弱な信号を発信する機器を指し、圏内のユーザーを検知して店舗情報などのメッセージが配信可能。Tangerine nearMEはビーコンを利用して実行動データを蓄積・分析する。DialogOneは広告主の顧客情報と「LINE」「Facebook Messenger」などのアカウント情報を組み合わせて最適化したメッセージが配信できる。

 

連携でDialogOneを使用している企業はビーコンを生かしたメッセージの配信設定、設置後のビーコン端末管理などが簡単になり、ユーザーのオフライン行動を可視化する施策が実現する。ビーコンの活用は、企業による個別の端末設置や煩雑な調整・設定が必要なことが課題になっていた。DACとTangerineは8月に資本提携した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]